[製品サーベイ]

営業支援からニッチな特化型まで用途は多彩 iPadに追随し業務アプリの選択肢広がる

2012年3月5日(月)

Android搭載タブレット向けアプリケーション Androidを搭載するタブレット端末が多数登場する中、ビジネス用途のアプリケーションも出揃い始めた。特定業務に特化したものや社内システムとの連携を可能にするものなど、用途は多岐にわたる。提供開始を予定するものも含めて97製品をまとめた。

スマートデバイスを業務で活用する動きが広まっている。これまでの導入事例を見るとiPadを採用するケースが目立つものの、一方では「端末の選択肢が広い」、「アプリケーション展開に関わる統制がiPadより緩い」などの理由から、Android端末に関心を示す企業も着実に増えている。

ベンダー各社は今後のAndroid端末の業務利用を見据え、対応ソリューションの市場投入に乗り出し始めた。先行するiPad向けほどではないにしろ、実に多彩なアプリケーションが今、続々と市場に登場している。 業務での利用を想定したAndroid向けソリューションをまとめた(表)。特徴的なものを中心に見ていこう。

画像や動画を配信し効果的なプレゼンを支援

カタログなど自社商品に関する資料一式を端末に入れて持ち歩き、営業担当者がタブレットを使って顧客先でプレゼンする─。今、最も“旬な”用途に向けたアプリは数多く、中でも画像や動画を効果的に表示することで、コンテンツの品質を高めようと工夫するものが増えている。

エージェンテックの「ABook」は、PDF内に動画を埋め込む“編集機能”が売りだ。営業担当者はPDFを使って商品を説明しつつ、具体的な商品イメージを訴求する際には動画を再生することで顧客の理解度を高められる。シエロアスールの「SMASSh Cloud」は、2分割した画面にプレゼン資料と動画を同時表示するのが特徴的。資料だけでは分かりにくい内容を映像で補足することで、商品を分かりやすく説明できる。大容量データの高速配信に最適化したネットワークを採用し、ストレスなく動画を再生する。A1コミュニケーションズの「A1CIMS」は、大容量の動画/画像ファイルのサイズを最適化し、帯域の狭い3G回線でも端末に転送できるよう工夫を凝らす。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

営業支援からニッチな特化型まで用途は多彩 iPadに追随し業務アプリの選択肢広がる Android搭載タブレット向けアプリケーション Androidを搭載するタブレット端末が多数登場する中、ビジネス用途のアプリケーションも出揃い始めた。特定業務に特化したものや社内システムとの連携を可能にするものなど、用途は多岐にわたる。提供開始を予定するものも含めて97製品をまとめた。

PAGE TOP