[市場動向]

Hadoopの基本機能とエコシステム PART 2

2012年3月6日(火)

構成や動作の原理は意外とシンプル 難解さを解きほぐし、全体像を把握する Hadoopは構成や動作原理はシンプルなうえ、数多くの技術情報も公開されている。 国内でも一部のネット系サービス事業者が本格活用によって成果を上げ始めている。 Hadoopはどのように動作するのか、企業利用時にどういった周辺技術が有用なのか。 基本機能とそれを支える技術のエコシステムからHadoopの全体像を概説する。

栗原 雅 (編集部)
監修:濱野 賢 一朗 氏 NTTデータ 基盤システム事業本部
システム基盤サービスビジネスユニット OSSプロフェッショナルサービス シニアエキスパート

米国では多種多様なデータをまとめて蓄え、大容量のデータを対象に抽出や集計の処理を実行する仕組みとしてごく身近な存在になりつつあるHadoopだが、国内ではまだそこまで浸透していない。Hadoopそのものが進化の過程にあるため、現時点では本格的な導入に踏み出しにくいという点は、少なからずあろう。

一方で、大容量のデータを活用するタイミングが到来するのはもう少し先のこと、と見られているふしもある。数十万から数千万のユーザー数を抱え、すでにテラバイト級やペタバイト級の各種ログ情報を蓄えているネット系のサービス事業者はともかく、多くの企業にとってはまだ、自社でビッグデータを持つ姿をイメージしにくいのが実情だろう。

しかし、実際には企業が大容量のデータを保有するようになる時期は、それほど遠くないはずだ。例えば、RFIDタグを活用した商品管理や物流/倉庫管理の広がりや、位置や温度などを測る各種センサーを実装したデバイスの普及によって、企業が収集・活用できるデータの種類と量は格段に増えつつある(本誌2012年2月号の特集「M2Mを理解する」を参照)。それらを活用する基盤技術の選択肢として、Hadoopの存在が急浮上してくることはほぼ間違いない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Special

-PR-

Hadoopの基本機能とエコシステム PART 2構成や動作の原理は意外とシンプル 難解さを解きほぐし、全体像を把握する Hadoopは構成や動作原理はシンプルなうえ、数多くの技術情報も公開されている。 国内でも一部のネット系サービス事業者が本格活用によって成果を上げ始めている。 Hadoopはどのように動作するのか、企業利用時にどういった周辺技術が有用なのか。 基本機能とそれを支える技術のエコシステムからHadoopの全体像を概説する。

PAGE TOP