[技術解説]

Hadoop関連の製品・サービス PART 4

2012年3月21日(水)

主要ベンダーが相次ぎ市場参入 業務での本格活用の環境が整う Hadoopの登場から数年。先進ユーザーやベンダーが培ってきた技術やノウハウが製品・ サービスとして結実しつつある。商用ディストリビューション、アプライアンス、クラウドサービス、 技術サポート…。選択肢の充実は利用者の裾野を広げる。 Part4では主要ベンダーが提供するHadoop関連製品・サービスをまとめた。

緒方 啓吾 (編集部)

この1、2年でHadoop活用の敷居は大きく下がった。もともと、一般企業での利用を前提として開発されたソフトウェアではないこともあって、運用性や信頼性で課題があった。処理を記述するためにはMapReduceの作法を覚える必要があるし、データのロードにも手間が掛かる。ファイルシステムを管理するネームノードが単一障害点になるという問題もある。それらを解決する実作業はこれまで各利用者が負担してきた。

しかし、状況は変化しつつある。Hadoopの使い勝手を向上させるための周辺コンポーネントが充実してきたことはPart2でもみたとおり。さらに、2011年ごろから主要ベンダーが関連製品・サービスを相次ぎ市場に投入。先進ユーザーが試行錯誤の末に手にした技術やノウハウを利用できるようになった。業務利用の環境は整いつつある(図4-1)。以下、カテゴリー別に特徴的な製品・サービスを見ていこう。

図4-1 Apache Hadoopプロジェクトを中心にエコシステムが形成されつつある
図4-1 Apache Hadoopプロジェクトを中心にエコシステムが形成されつつある

ディストリビューション
企業向けに管理機能を強化
独自実装に取り組むベンダーも

Hadoop関連製品の最も代表的なものが商用ディストリビューションだ。Hadoopと周辺コンポーネントをまとめてパッケージとして提供する。各々の安定稼働はもちろん、コンポーネント同士の”相性”も事前に検証しているため、個別に調達する場合と比べて工数を削減できる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Hadoop関連の製品・サービス PART 4主要ベンダーが相次ぎ市場参入 業務での本格活用の環境が整う Hadoopの登場から数年。先進ユーザーやベンダーが培ってきた技術やノウハウが製品・ サービスとして結実しつつある。商用ディストリビューション、アプライアンス、クラウドサービス、 技術サポート…。選択肢の充実は利用者の裾野を広げる。 Part4では主要ベンダーが提供するHadoop関連製品・サービスをまとめた。

PAGE TOP