[ザ・レビュー]

“データベース仮想化”製品が登場、複数のDBから論理ビューを形成

2012年3月2日(金)

レッドハット/ JBoss Enterprise Data Services Platform 5.2  

[製品化の背景]
SOAに乗るデータ統合サービスを

経営環境の変化に企業ITを即応させる手段として、SOA(サービス指向アーキテクチャ)を再評価する声が高まっている。業務を一定の粒度の処理手順に分解し、それぞれを「サービス」としてソフトウェアに実装。ESB(エンタープライズサービスバス)を介して分散連携させて目的の処理を実行すると共に、要件変更に最小限の手当てで対応しようというものだ。

既存の複数システムを連携する用途ではEAI(エンタープライズアプリケーション統合)という手段も採り得る。もっとも、ハブ&スポーク型で集中処理方式のEAIは、性能や変化対応性の観点で律速要因となる可能性がある。

とりわけ、データ連携の側面で見れば、フォーマット変換やルーティング、ワークフローなどの定義が煩雑になりがちだ。さらに、複数のシステム(狭義にはDB)のデータを統合処理するアプリケーションを考えた場合、集約したデータをストアするDBを用意しなければならないのが一般的。システム全体としての複雑性が増す。

こうした問題を解決しようとレッドハットが投入したのが「JBoss Enter-prise Data Services Platform 5.2」だ。SOAの枠組みの中で、複数のDBを仮想的に統合するアプローチを採用している。大雑把に表現するなら、マルチDBを対象に“マッシュアップ”を実現するものだ。用途や規模にもよるが、既存のDBを流用する形でのアプリケーションを構築できる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ザ・レビュー一覧へ

“データベース仮想化”製品が登場、複数のDBから論理ビューを形成 レッドハット/ JBoss Enterprise Data Services Platform 5.2  

PAGE TOP