[新製品・サービス]

ビッグデータ対応のスケールアウト型データベース

2012年3月16日(金)

NEC NECは2012年2月13日、大量データの管理に照準を当てたスケールアウト型データベース「InfoFrame Relational Store」を発売した。

開発コンセプトはリレーショナルデータベースの信頼性・利便性を維持しつつ、大量データを扱える拡張性を備えること。ペタバイト単位のデータを保管できる分散キーバリューストアにトランザクション機能とSQLインタフェースを組み合わせた。

製品は(1)SQLインタフェース、(2)更新ログの管理とデータアクセスの排他制御、(3)データの保管を担当する3種類のサーバーで構成。各サーバーを独立させているため、個別にスケールアウトできる。

価格は最小構成で510万円から(税別)。2012年4月上旬の出荷を予定する。通信・金融・流通系とデータセンター事業者を中心に3年間で150システムの販売を目指す。

「ビッグデータ」関連事業を強化

新製品の発表に合わせて「ビッグデータ戦略プロジェクト」を2012年2月中に立ち上げることを発表。R&D部門と関連ビジネスユニットから選出した50人で構成する。HadoopやM2M(Machine to Machine)などの先進技術の開発強化や実証実験への参画、マーケティング・プロモーションなどを推進する。

ビッグデータの専門家育成にも取り組む。具体的には、豊富な業務知識を備え、情報システム部門や事業部門にITを使った解決策を提案する「ドメインエキスパート」と、統計分析や数学の知識を備え、分析ツールの活用に長けた「分析エキスパート」の2職種を定義。社内育成やパートナー活用を通じて、今後3年間で合計200人に拡大する。 (緒方)

関連記事

ビッグデータ対応のスケールアウト型データベース NEC NECは2012年2月13日、大量データの管理に照準を当てたスケールアウト型データベース「InfoFrame Relational Store」を発売した。

PAGE TOP