[新製品・サービス]

アプリケーションの性能に応じて最適なリソースを割り当て

2012年3月23日(金)

日本オラクル 日本オラクルは2012年1月31日、ストレージ「Pillar Axiom 600」を発表した。SAN/NASとして利用可能なユニファイドストレージで、1きょう体あたり13台のディスクを搭載する。きょう体を64台まで拡張でき、データの保存容量は最大1.6PBとなる。

アプリケーションの要件に応じた性能を割り当てるQoS(クオリティ・オブ・サービス)機能を備える。アプリケーションごとにI/Oの優先度やキャッシュ容量などを割り当てて、最適な性能を引き出すことができる。リソース割り当て用のテンプレートをあらかじめ用意しているため、アプリケーションの要件に見合うリソースを確保できる。

実行中の他のアプリケーションへの影響を最小化する機能も備える。きょう体ごとにRAIDを構築する「分散RAID」と呼ぶ技術を採用し、ディスク故障時のパリティチェックによる性能低下が、他のきょう体に影響しないようにする。1台のディスクでRAID5やRAID10といった異なるRAIDを構築できるため、きめ細かな性能要求にも応えられる。価格(税込)は675万9606円から。 (折川)

関連記事

アプリケーションの性能に応じて最適なリソースを割り当て 日本オラクル 日本オラクルは2012年1月31日、ストレージ「Pillar Axiom 600」を発表した。SAN/NASとして利用可能なユニファイドストレージで、1きょう体あたり13台のディスクを搭載する。きょう体を64台まで拡張でき、データの保存容量は最大1.6PBとなる。

PAGE TOP