[新製品・サービス]

ソフトウェア型トークンによりセキュリティ強度と利便性を両立

2012年3月28日(水)

NEC、CA Technologies NECとCA Technologiesは2012年2月9日、認証/セキュリティ分野での協業を発表した。NECのID連携ソフト「NC7000-3A」やセキュリティソリューション「NEC Mobile Security」と、CAの「CA Arcot ソリューション」を組み合わせたクラウド型のサービスを提供する。

セキュリティ強度を担保しつつ、ユーザーの利便性を損なわないことに主眼を置いた認証方式を採用する。具体的には、CA独自の認証技術「Arcot ID」を活用し、ソフトウェアトークン(クライアント証明書)による端末認証を行う。仮に第三者がIDとパスワードを盗んで業務システムにアクセスしようとしても、ソフトウェアトークンを持たない端末からはログインできない。USB型のハードウェアトークンに比べ、配布管理の手間も軽減できるという。端末が保管する証明書の鍵を解読されないように、鍵情報をカモフラージュして見破れないようにしている。

月額料金(税別)は30万ユーザーまで利用する場合で100万円から。通信事業者やコンテンツ事業者などを中心に販売する。 (折川)

関連記事

ソフトウェア型トークンによりセキュリティ強度と利便性を両立 NEC、CA Technologies NECとCA Technologiesは2012年2月9日、認証/セキュリティ分野での協業を発表した。NECのID連携ソフト「NC7000-3A」やセキュリティソリューション「NEC Mobile Security」と、CAの「CA Arcot ソリューション」を組み合わせたクラウド型のサービスを提供する。

PAGE TOP