[シリコンバレー最前線]

先達にリタイヤの文字はない 成功しても尽きぬベンチャー精神

2012年3月22日(木)

シリコンバレーのベンチャー精神は衰えることを知らない。かつて一世を風靡した起業家たちは、今もなお新たなビジネスの模索を続けている。後進の育成や社会貢献にも余念がない。

SNS大手のFacebookは2月1日、米証券取引委員会に新規株式公開(IPO)を申請した。資金調達額は50億ドルを予定しているという。ハーバード大学在学中に同社を設立したマーク・ザッカーバーグ氏は、今年28歳という若さながら大きな成功を収めつつあり、世界中から注目が集まっている。

しかし、若くして成功したのはなにも同氏が初めてではない。AppleやSun Microsystems(現Oracle傘下)など、名だたるIT企業をゼロから創業したのは、いずれも20歳代の若者たちだった。彼らはその後、どういう人生を歩んでいるのだろうか。今回はそれを探ってみよう。

Apple Apple
1976年、スティーブ・ジョブズ氏と
スティーブ・ウォズニアック氏が創業

ジョブズ氏は1985年、ペプシコーラで有名なPepsicoから迎え入れたジョン・スカリー社長との対立から退社。NeXTを創立して高性能ワークステーションの開発に力を注いだ。1996年、Appleが同社を買収したのを機に、アドバイザーとしてAppleに復帰。暫定CEOを経て2000年、正式にCEOとなった。それ以降、iMacやiPod、iPhone、iPadといった従来のパラダイムを覆すヒット商品を世に送り出したのは周知の通りだ。2004年にすい臓癌を発病。闘病を続けながら同社を指揮したが、2011年10月に56年の生涯を閉じた。

ウォズニアック氏は1985年に病気療養のためAppleを離れた後、1987年にCL9を設立してプログラマブル汎用リモコン装置を開発。2001年、元Appleの役員仲間とともにWheels of Zeusを共同設立し、GPSを用いた追跡システムを開発した。2006年には、企業買収を目的とするAcquicor Technologies(現Jazz Technologies)を設立した。近年は、ビジネスのかたわら地元の学校・学生への慈善活動にも力を入れている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

先達にリタイヤの文字はない 成功しても尽きぬベンチャー精神 シリコンバレーのベンチャー精神は衰えることを知らない。かつて一世を風靡した起業家たちは、今もなお新たなビジネスの模索を続けている。後進の育成や社会貢献にも余念がない。

PAGE TOP