[About this Issue]

ベンダーの戦略を知ることの大切さ

2012年4月4日(水)

2011年7月にスタートしたIT Leaders Live!。毎週の放送を続けた結果として、この2月末で30回を超えた。1つの節目でもあるので、どんな話題を取り上げてきたのかを整理してみた(表)。

表 IT Leaders Live!過去30回の放送テーマ
表 IT Leaders Live!過去30回の放送テーマ

大きく分けると(1)「データ統合基盤」や「事業の海外展開と基幹系システムの構造」などの企業ITに関するもの、(2)モバイルやクラウド、ビッグデータなど最新のITに関わるもの、それに(3)ITコストやプロセス最適化の考え方やクラウド時代の開発方法論、がある。本誌アドバイザーである桑原氏による解説はどれも味わい深く、参考になる。弊誌Webサイトから辿れるアーカイブをぜひご覧いただきたい。

最近の放送で、お勧めを挙げると第26回「今の事業にあう“仕事の基盤”のITを考察する─ プロセス最適化の一歩先」がある。”今の事業”の一例として、複数の人間が企業の枠を超えて、共同で何らかのプロジェクトを推進するシーンを想定しよう。その場合にどんなITが使えるだろうか。企業内に閉じたグループウェアは当然、不適格。電子メールやメーリングリストは、やりとりが増えると煩雑だし、リアルタイム性に欠ける。Facebookはファイルを共有できない─。ではどうするかが26回のメインテーマだった。

さて本号の特集は「ユーザーインタフェース」である。iPadをはじめとするスマートデバイスやコンシューマリゼーションは、情報システムのUIに対する期待や考え方を大きく変えつつあると思う。自然で思考を妨げず、利用者をガイドするようなUI。人の操作ミスを激減させるようなUI。ゲーミフィケーションのような考え方が実装されたUI。様々な展開が考えられる。IT Leaders Live!でも複数回にわたってとりあげている(第1回19回20回など)。

第3回で取り上げた遠隔コミュニケーションロボット「ANYBOTS」も、広い意味でのUIと言えるかも知れない。ユーザーがロボットを遠隔操作し、会議に出席したり、自宅にいながら受付業務をこなしたりする。荒唐無稽、あるいはアイデアとしては面白いと思ってしまいがちだが、ANYBOTSはすでに販売されている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
About this Issue一覧へ
関連記事

ベンダーの戦略を知ることの大切さ 2011年7月にスタートしたIT Leaders Live!。毎週の放送を続けた結果として、この2月末で30回を超えた。1つの節目でもあるので、どんな話題を取り上げてきたのかを整理してみた(表)。

PAGE TOP