[市場動向]

総論〜UI再考の意義 PART 1

2012年4月5日(木)

単なる操作体系にあらず戦略性と妥当性の上に“ビジネスセンス”が凝縮 これまで、多くの企業システムはユーザーの使い勝手や快適さを二の次にしていた。しかし、優れた体験を提供できるか否かはシステムの価値を大きく左右する。これからのIT部門に、「ユーザーエクスペリエンス(UX)」という視点は不可欠になる。力竹 尚子 (編集部)

「必要な情報になかなかたどり着けない」「次に何をすべきかすぐに判断できない」「1つの作業を完了させるために画面をいくつも立ち上げなければならない」…。企業システムはこれまで、数々の使いにくさをユーザーに強いてきた。よくある例として、交通費精算を考えてみよう。ユーザーはまず、机上のパソコンから経費精算システムにログイン。次に、いつどこに行ったかを思い出すためにスケジューラを立ち上げる。さらに、路線検索ソフトを起動し、行き先までの交通費を確認。再び経費精算システムの画面に戻って訪問先や日時、金額を入力する。こうして、3つの画面を行きつ戻りつしながら、ようやく精算業務が完了する─。どうだろう。心当たりのある読者は、決して少なくないはずだ。

「そんなものは慣れの問題。使い続ければ、スムーズに操作できるようになる」と思うだろうか。確かに、これまではそれで通用した。「ECをはじめとする個人向けサービスは、使いにくければすぐに顧客が離れていく。それに対して企業内の業務システムは、ユーザーに強制的に利用させることのできる唯一のIT領域だった」(インフラジスティックス・ジャパンの東賢シニアUXアーキテクト)。しかし、スマートフォンやタブレットといった新たなデバイスの登場により、状況は一変しようとしている。

急速に普及が進むスマートデバイスの最大の特徴は、直感的に使えること。iPhoneなどはその典型だが、購入時に分厚いマニュアルは付いてこない。ユーザーは、初めて電源を入れた瞬間から、正しい操作に自然と誘導される。こうした使い勝手に馴染んだユーザーが「なぜ会社のシステムはこんなに操作が面倒なんだ?」という疑問を抱くのは当然の流れだろう。

一方、事業の海外展開においても、システムの使い勝手は大きな意味を持つ。いくら多言語対応しようが、操作に習熟するためのトレーニングに時間がかかるようでは、新規ビジネスの垂直立ち上げは不可能。ユーザーが新システムの操作にまごついているすきに、競合他社に先手を奪われるかもしれない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

総論〜UI再考の意義 PART 1単なる操作体系にあらず戦略性と妥当性の上に“ビジネスセンス”が凝縮 これまで、多くの企業システムはユーザーの使い勝手や快適さを二の次にしていた。しかし、優れた体験を提供できるか否かはシステムの価値を大きく左右する。これからのIT部門に、「ユーザーエクスペリエンス(UX)」という視点は不可欠になる。力竹 尚子 (編集部)

PAGE TOP