[技術解説]

UXの要素を知る PART 2

コスト効果は“大あり”ユーザー満足と業務効率化の一挙両得を目指す

2012年4月10日(火)力竹 尚子(IT Leaders編集部)

「ユーザーエクスペリエンスはECサイトやゲームの世界では重要かも知れないが、企業システムには関係ない」。もはや、そんな考えは通用しない。UXとは何かを知り、その改善に向けて具体策を練るべきときだ。

Part1において、UXを「システムとそれを利用する人との間に生じる相互作用のこと」とした。ユーザーが、ユーザーインタフェース(UI)を通じて体験する内容の総称がUXである(図2-1)。しかし、UXの定義は一意に決まっているわけではない。様々な組織や研究者が、UXの定義を試みている。

図2-1 UXは見た目だけではない。UIを通じて利用するシステム機能もUXに影響する
図2-1 UXは見た目だけではない。UIを通じて利用するシステム機能もUXに影響する

まず、国際標準化機構の定義を見てみよう。ISO9241-210は、ユーザーエクスペリエンスを「製品、システムまたはサービスに対する使用、および/または使用を予想したときの人の知覚と反応」と記述している。

一方、米国の科学コンピューティング協会であるACM(the Association for Computing Machinery :情報科学国際交流財団が日本支部を運営)は、UXを「機能」「ユーザビリティ」「楽しさ」の3要素からなるピラミッド構造で説明する(図2-2)。

図2-2 ACMによるUXのピラミッドモデル
図2-2 ACMによるUXのピラミッドモデル

ACMのモデルにおける機能とは、ユーザーがシステムを利用する際の直接的な相互作用の内容を指す。具体的には、動作や表示内容、音、振動、デザインなどだ。ユーザーインタフェースもここに入る。ユーザビリティは、機能がユーザーにもたらす有効性や操作性、満足度、視認性、効率などである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

UXの要素を知る PART 2「ユーザーエクスペリエンスはECサイトやゲームの世界では重要かも知れないが、企業システムには関係ない」。もはや、そんな考えは通用しない。UXとは何かを知り、その改善に向けて具体策を練るべきときだ。

PAGE TOP