[ザ・プロジェクト]

「三方よし」のITプロジェクトを完遂。116店舗のシステムをクラウドへ移行【ヤオコー】

2012年4月11日(水)

北関東を地盤に地域密着型のスーパーを展開するヤオコーは、落雷による停電など、店舗システムの運用に悩みを抱えていた。ユーザー企業、ベンダー、エンドユーザーの「三方よし」を果たした店舗システムのクラウド移行プロジェクトについて、ユーザー企業の責任者とベンダーの担当者に聞いた。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

齊田純児氏
齊田 純児 氏
ヤオコー 営業企画部 システム企画担当マネージャー
大手電機メーカーを経て、1996年4月にヤオコーへ入社。深谷上野台店の日配主任を務めた後、1997年1月に情報システム部門に配属となる。その後、管理会計システムや財務会計システムをはじめとする基幹系のほか、日配発注EOBシステム、予約集計システム、情報分析データウエアハウスシステムなど数多くの新システムの企画や開発導入、運用全般を手掛けてきた。2011年3月にロジスティクス推進部(現在の営業企画部)システム企画マネージャーに就任


溝呂木寛和氏
溝呂木 寛和 氏
富士通 流通ビジネス本部 小売第二統括営業部 小売第二営業部
2000年4月に富士通へ入社。関越支社にて埼玉県内の衣料品店や量販店、外食、通販業向けのソリューション販売を担当。2009年6月に現在の流通ビジネス本部に異動し、主に関東近県の量販店向けソリューションパッケージやハードウェアの販売に従事している


村松泰夫氏
村松 泰夫 氏
富士通システムソリューションズ 第一流通ソリューション本部 第三リテイルソリューション部
2001年4月、富士通システムソリューションズに入社。流通ソリューションサービス本部にてスーパーマーケットやドラッグストアなどのシステム構築に従事してきた。現在もソリューション提案に携わるほか、プロジェクトマネージャとしてプロジェクト管理を担当している


─富士通のクラウド環境に店舗システムを移行されたそうですね。プロジェクトについてうかがう前に、貴社のビジネスについて教えてください。2011年12月までの3四半期の連結営業利益が過去最高を記録しましたが、好業績を保つ秘訣はどこにあるのでしょうか。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

「三方よし」のITプロジェクトを完遂。116店舗のシステムをクラウドへ移行【ヤオコー】 北関東を地盤に地域密着型のスーパーを展開するヤオコーは、落雷による停電など、店舗システムの運用に悩みを抱えていた。ユーザー企業、ベンダー、エンドユーザーの「三方よし」を果たした店舗システムのクラウド移行プロジェクトについて、ユーザー企業の責任者とベンダーの担当者に聞いた。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

PAGE TOP