[海外動向]

ビッグデータ時代の経営の舵取りを支援 新プラットフォームを年内リリースへ

2012年4月16日(月)

独ソフトウェアAGの新事業戦略 2012年3月6〜10日/ドイツ・ハノーバー(CeBIT 2012にて) 買収を加速させ、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)分野で確固たる地位を築いた独ソフトウェア・エー・ジー。最近5年間で売上高を2倍以上に増やしてきた同社が「CeBIT 2012」の会場で明らかにした新事業戦略を報告する。

Velocity(頻度や速さ)、Variety(多様性)、Volume(容量)を制する企業が競争優位に立つ─。

独ソフトウェア・エー・ジー(AG)が打ち出した新たな事業戦略の根底には、そんなメッセージが見て取れる。同社は、ドイツ・ハノーバーで2012年3月6日に開幕した世界最大規模の情報通信技術の見本市「CeBIT 2012」の会場で新戦略を発表した。「インメモリー技術を駆使したビッグデータのマネジメント」が、それだ。カールハインツ・シュトライビッヒCEOは「複雑さを増すビジネス環境は(多くの企業にとって)チャンスでもある」と強調。チャンスをものにするには、インメモリーやビッグデータといった技術的な革新を取り込み、変化に素早く順応できるITプラットフォームを整えることが大切だという。

写真1 独ソフトウェア・エー・ジーは「Accelerate Your Business With Process Excellence」というコンセプトを掲げ、CeBIT 2012の会場に大掛かりな展示スペースを設けた
写真1 独ソフトウェア・エー・ジーは「Accelerate Your Business With Process Excellence」というコンセプトを掲げ、CeBIT 2012の会場に大掛かりな展示スペースを設けた
写真1 独ソフトウェア・エー・ジーは「Accelerate Your Business With Process Excellence」というコンセプトを掲げ、CeBIT 2012の会場に大掛かりな展示スペースを設けた
写真2 CeBIT 2012の初日、3月6日にはアンゲラ・メルケル独首相(写真中央)とブラジルのジルマ・ルセフ大統領(同右)が独ソフトウェア・エー・ジーの展示スペースを訪れ、カールハインツ・シュトライビッヒCEO(同左)が電子政府関連システムのコンセプトを説明した

急成長
積極的なM&Aを通じて製品ポートフォリオ拡充

ソフトウェアAGは1969年設立の老舗ソフトベンダーである。その歴史は独SAPや米マイクロソフト、米オラクルより長く、メインフレーム黎明期から企業の基幹系システムを支えてきた。ウォルフラム・ヨーストCTOが「社名より製品ブランドのほうが広く知られているかもしれない」と話す通り、データベースソフト「Adabas」や第四世代言語「Natural」は、特に50代以上の読者には社名以上に浸透しているだろう。

ソフトウェアAGは近年、積極的なM&Aによって急速に製品ポートフォリオを拡充している。2007年に実施したSOA(サービス指向アーキテクチャ)基盤ソフトの米ウェブメソッドの買収や、2009年に手掛けたBPM(ビジネスプロセスマネジメント)製品の独IDSシェアの買収は日本国内でも話題を呼んだ。そのほかにもマスターデータマネジメント(MDM)製品の米データファンデーションや、モバイルアプリケーション開発ソフトの英メティズモの買収を通じて事業規模を拡大してきた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

ビッグデータ時代の経営の舵取りを支援 新プラットフォームを年内リリースへ 独ソフトウェアAGの新事業戦略 2012年3月6〜10日/ドイツ・ハノーバー(CeBIT 2012にて) 買収を加速させ、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)分野で確固たる地位を築いた独ソフトウェア・エー・ジー。最近5年間で売上高を2倍以上に増やしてきた同社が「CeBIT 2012」の会場で明らかにした新事業戦略を報告する。

PAGE TOP