[シリコンバレー最前線]

各社の“戦績”を総覧 IT企業に対する社会的評価は高い

2012年4月18日(水)

シリコンバレーは相変わらず、活況を呈している。2011年におけるIT大手の売り上げは軒並み堅調。ベンチャー投資額は前年比42%の伸びを示した。ビジネス誌の調査では、当地のソフトウェア企業が高い社会的評価を受けていることが明らかになった。

シリコンバレーには、約400ものベンチャーキャピタル(VC)が軒を並べていている。それらVCによるベンチャー企業への投資総額は2011年、前年比42%増の112億ドル。リーマンショック以前の水準に戻った(図1)。

図1 シリコンバレーにおけるVC投資額の推移
図1 シリコンバレーにおけるVC投資額の推移

投資の内訳を見ていこう。分野別に見ると、ソーシャルネットワーキングとクラウドサービス、ビッグデータといったソフトウェア分野の企業への投資が全体の30%と最も大きい(図2)。これにITサービスの7%、サービスの実体はソフトウェアであるメディアの9%を合わせた合計は56%。投資の半分以上が、ソフトウェア関連企業に向けられているということだ。近年、ソフトウェアビジネスを起業するのに大金は必要ない。従って、案件の数がそれだけ多いと推測できる。こうしたことから、シリコン(半導体)バレーではなく「ソフトウェアバレー」と呼ぶべきであるとの声も上がっている。

図2 2011年のシリコンバレーにおけるVC投資
図2 2011年のシリコンバレーにおけるVC投資

ソフトウェア分野において、獲得した投資額の筆頭はFacebookである。Goldman SachsとDigital Sky Technologies(ロシアのVC)から、合計15億ドルを調達した(図3)。これで2004年の創業以来、総額22億4000万ドルに及ぶ投資を受けたことになる。同社のIPOを間近に控えた今、投資家たちは甘い夢を見ていることだろう。

図3 Facebook、TwitterへのVC投資額の推移
図3 Facebook、TwitterへのVC投資額の推移

ますます加速するM&A

新たなスタートアップ企業が生まれる一方で、企業買収が進んでいる。「自社に足りない技術やサービスを持つ企業を買収せよ」というのがシリコンバレー流ビジネスの鉄則だ。自分で開発するよりも、その方が手っ取り早く技術・市場を獲得できるからである。Googleは過去2年、年間26社ずつを買収。Oracleは平均して年間10社を買収し続けている(図4)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

各社の“戦績”を総覧 IT企業に対する社会的評価は高い シリコンバレーは相変わらず、活況を呈している。2011年におけるIT大手の売り上げは軒並み堅調。ベンチャー投資額は前年比42%の伸びを示した。ビジネス誌の調査では、当地のソフトウェア企業が高い社会的評価を受けていることが明らかになった。

PAGE TOP