[イベントレポート]

「Tablet Solution Award 2012」受賞7ソリューションを一挙紹介!

2012年4月20日(金)

2012年2月28日、Androidタブレットを活用した法人向けソリューションのコンテスト「Tablet Solution Award 2012」(主催:インプレスビジネスメディア)の表彰式が開催された。全142の応募ソリューションの中から、日本ユニシスのクラウド型タクシー配車システム「smartaxi」」がグランプリ(最優秀賞)を獲得。その他6社のソリューションが協賛企業賞や特別賞を受賞した。本稿では、同コンテスト各賞の受賞ソリューションを紹介する。

グランプリグランプリ
smartaxi
日本ユニシス
タブレットとクラウドで効率的・迅速なタクシー配車を実現

デジタル無線に代わるSaaS型ソリューションを提供

タクシー事業者は各車のドライバーに呼びかけて配車を行うために無線を用いているが、これまで主に使用してきたアナログ無線は2016年6月までに完全停波することが決まっており、デジタル無線への移行が急がれている。しかし、多くのタクシー事業者は、依然として続く経済不況の影響やタクシー台数の適正化対応などによって厳しい経営を強いられており、デジタル無線の導入に踏み切れないでいる。

タクシー業界が直面しているこの課題に着目し、日本ユニシスが開発したのが「smartaxi」(スマートタクシー)である。同社 流通第二事業部 ビジネスサービス営業四部 サービスイノベーションプロジェクトの村島光太郎氏は、同システムを次のように説明する。

「smartaxiは、タクシー無線に比べて不感地帯が少ないNTTドコモの携帯電話回線を使用し、車載端末として汎用的なAndroidタブレット端末(GALAXY Tab)を採用しています。デジタル無線に移行する際に必須となる基地局(アンテナ)の建設や専用端末の配布などの設備投資は不要なうえ、バックエンドの配車システムをタクシー会社側で個別に導入・構築するのではなく、SaaS型サービスとして日本ユニシスが提供します」

同社は、タクシー業界最大手のkmホールディングス(以下、km)と協業。横浜市を営業エリアとするkmグループのケイエム国際タクシーとともに2011年8月より実用化検証を実施し、翌9月にsmartaxiの本番稼働を開始した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「Tablet Solution Award 2012」受賞7ソリューションを一挙紹介! 2012年2月28日、Androidタブレットを活用した法人向けソリューションのコンテスト「Tablet Solution Award 2012」(主催:インプレスビジネスメディア)の表彰式が開催された。全142の応募ソリューションの中から、日本ユニシスのクラウド型タクシー配車システム「smartaxi」」がグランプリ(最優秀賞)を獲得。その他6社のソリューションが協賛企業賞や特別賞を受賞した。本稿では、同コンテスト各賞の受賞ソリューションを紹介する。

PAGE TOP