[中国電脳事情]

【中国電脳事情】中国の衛星測位システム市場、2015年には2250億元規模へ など(第27回)

2012年4月27日(金)

中国の主要メディアの報道から、中国国内のIT・テクノロジー関連の最新動向をご紹介する、中国電脳事情。1カ月間に報道された中国国内の主要なニュースを取り上げる。

中国の衛星測位システム市場
2015年には2250億元規模へ

─ 新華社<電子版>(1/27)

国家測定描写地理情報局と社会科学文献出版社が共同発表した「中国地理情報産業発展報告(2011)」が興味深い。

中国が独自に開発中の衛星測位システム「北斗(CNSS)」は、米国のGPS、ロシアのGLONASS、欧州のGALILEOと並ぶ世界4大衛星測位システムだ。これに関わる市場は、携帯電話、インターネットに続いて3番めに急速な発展が期待できる電子情報産業とされており、現在同システムを採用しているサービス企業や団体は5000を超えている。

2010年には産業規模が500億元を突破し、同システムの端末出荷量は8万台、アクティブユーザー数は3万余りに達した。同報告は「現在、CNSSは高速発展期に入っており、2015年には産業規模が2250億元に達し、国民経済の新たな成長産業となるだろう」と強調している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連記事

【中国電脳事情】中国の衛星測位システム市場、2015年には2250億元規模へ など(第27回) 中国の主要メディアの報道から、中国国内のIT・テクノロジー関連の最新動向をご紹介する、中国電脳事情。1カ月間に報道された中国国内の主要なニュースを取り上げる。

PAGE TOP