[新製品・サービス]

ブルーコートシステムズがWebフィリタリングをクラウドで提供

2012年4月20日(金)

ブルーコートシステムズは2012年4月19日、クラウド型のWebフィルタリングサービスを発表した。これまでアプライアンス製品が提供してきた機能を、SaaSでも利用できるようにした。

アプライアンスの導入が難しい小規模拠点や在宅勤務環境、あるいは社内外の不特定多数のネットワークに接続するスマートフォンの保護を主眼に据える。

利用者はVPNなどを用いてブルーコートのクラウドに接続し、URLのチェックを経てインターネットにアクセスする。接続先のURLが業務遂行に支障をきたしたり、マルウェアに感染したりする可能性がある場合はフィルタがアクセスを遮断する。接続先の評価にはアプライアンスと同様、ブルーコートが独自に構築した脅威情報のデータベース「WebPulse」を使用するため、これまでとフィルタリングの精度に変化はない。

なお、新サービスは従来のアプライアンス製品を管理する機能も持つ。例えば、地方の営業拠点やスマートフォン向けに導入したクラウドサービスと、社内ネットワークに置いたアプライアンスを全社統一のアクセスポリシーの下で一元的に管理できる。また、全利用者のWebアクセスの履歴を集計し、レポート出力することも可能だ。社内外の端末のセキュリティを担保する仕組みを「ユニファイドWebセキュリティソリューション」として売り出す。

米国では2012年3月19日より提供を開始しているが、日本国内での提供時期は今のところ決まっていない。

関連記事

ブルーコートシステムズがWebフィリタリングをクラウドで提供ブルーコートシステムズは2012年4月19日、クラウド型のWebフィルタリングサービスを発表した。これまでアプライアンス製品が提供してきた機能を、SaaSでも利用できるようにした。

PAGE TOP