PR

単一障害点などを解消した富士通版Hadoop

製品&サービス解説

富士通

富士通は2012年2月27日、Apache Hadoopと独自の分散ファイルシステムを組み合わせた「Interstage Big Data Parallel Processing Server V1.0」を発表した。

Apache Hadoop標準のファイルシステムHDFSに加え、これまで富士通が基幹システム向けに提供してきた独自の分散ファイルシステムを利用できるようにした。Linux標準のファイルインタフェースをサポートしているためアプリケーションから容易にデータを読み書きできる。HDFSは独自コマンドを使ってファイルにアクセスするため、他システムから直接データを操作することが難しく、データのロードなどに手間がかかっていた。

同製品は、クラスター技術を使って単一障害点だったマスターノードを二重化。障害発生時にはフェイルオーバーして処理を継続できるようにした。

現時点ではRed Hat Enterprise Linuxのバージョン5と6で稼働する。価格はスタンダードエディションで60万円から(税別・プロセッサライセンス)。出荷開始は2012年4月末を予定する。 (緒方)

Webサイトの記事の一部は、IT Leaders 雑誌版、電子雑誌版から転載しています。

» IT Leaders 雑誌版、電子雑誌版 無料購読お申し込みはこちら。