データ経営のあり方を再考する

データ利活用の巧拙が競争力を左右することに異論を挟む余地はない。企業はすでに多くのデータを保有しているし、これから手にできるデータは種類も量も加速度的に増える。問題は、どうやってそれらをビジネス価値に結び付けるかということ。ヒントとなる記事を厳選して紹介する。

トレンドピックアップ

マスターデータ管理を成功に導く鍵は「Why?」を突き詰めること──米ガートナー
多くの企業において、業務システム群はサイロ化し部分最適に陥っている。データ活用の巧拙が業績を大きく左右する時代にあって、あらためて重要性が指摘 ...続きを読む
オープンデータ最前線〜“多様性”がもたらすイノベーションの可能性を探るLinkData.orgの挑戦
本稿は、オープンイノベーションの可能性を追求するLinkData.orgの取り組みに焦点を当てた。その特徴、立ち上げの背景、目指すものは何か。共通語彙基盤 ...続きを読む
「データを溜め込みがち」とオフィスワーカーの過半数が自覚、米Veritasが非構造データの保管実態を調査
バックアップや情報管理のためのツール群を提供する米Veritas Technologiesが、文書ファイルや画像、動画などのファイルの保管情報について調査した。 ...続きを読む
HadoopのデータをSQLで処理する「SQL on Hadoop」の可能性
2010年代に入ってから、ビッグデータが多くの企業から注目されている。その理由は、ビッグデータを活用することで、同業他社との差別化を図り、売上拡大 ...続きを読む

具体的アクションのために

IoTを活用したデータ分析基盤のアジャイルな導入技法とは?
ビジネスを取り巻く環境が大きく変化している中では、”スピード感”を重視して物事に取り組むことが不可欠だ。昨今注目されているIoTについても、既存のシステム資源を最大限に活用するとともに、日々生成されるデータを分析基盤に取り込み即時に知見へと変えていくことが重要で、そのためのアプローチについて ...続きを読む
高度なデータ活用に不可欠な「データ移行」を成功させるためのポイント
昨今話題となっているAIやビッグデータの活用をはじめ、データ分析・管理の効率化を図るためのマスターデータ管理を実施していくにあたり、避けて通れないのがデータ移行である。データマネジメントの領域で多くの実績を積み重ねてきたリアライズのキーパーソンが、「データマネジメント2017」のセッションにて、データ移行における注意ポイントについて ...続きを読む
バズワードに流されないAI活用のポイントとは?
多くの企業から注目を集めている人工知能(AI)だが、地に足を付けた導入を実現していくためのポイントはどこにあるのか。データ活用・分析サービスをコア事業として多くのプロジェクトを積み重ねてきたブレインパッドのキーパーソンが、「データマネジメント2017」のセッションにて、AI活用の現在と事例、そして導入プロジェクトを成功に導くための方策と組織の在り方などについて ...続きを読む
「指標」と「PDCAサイクル」がなければ、データマネジメントの次には進めない
大半の企業が何らかの形でデータ活用に取り組んでいる一方で、データマネジメントを実践しようとしたものの、思ったように活用が広がらない、成果が上がらないなど新たな問題に頭を悩ませる企業も多い。これを乗り越えるためには、企業の競争力を向上させ、業務の効率と品質を高め、俊敏性を高めるという、データマネジメントの本来の目標に目を向ける必要がある ...続きを読む
デジタルトランスフォーメーションに直面する企業のデータをいかに“つなぐ”か
モバイル、IoTなどの進展により急激に増加するデータの活用や、企業内外に散在するデータをハイブリッドに連携することが、多くの企業の喫緊の課題となっている。あわせてデータ活用の主体も、経営企画やシステム部門から事業部門へと急速に拡大しつつある。一方で、データマネジメントへの投資対効果の評価はますます複雑になり、ROIの指標や効果測定に試行錯誤しながら取り組むケースも多い ...続きを読む
ITとOTの融合で新たな価値を創出する――IoTプラットフォームを通じた“協創”を推進
技術の進展により社会が大きく変化していくなか、企業は今後どのような観点から成長戦略を描いていけばよいのだろうか――。IT(Information Technology)とOT(Operational Technology)双方の技術を有する日立は、そのノウハウを生かしてさまざまな経営課題を解決すべく ...続きを読む
ビッグデータ時代に求められる、データ活用プラットフォームのかたち
昨今、これまで捨てていたログデータを資産として扱うようになるとともに、IoTなどが大量のデータを生成しつつある。企業にとってビッグデータが当たり前のように存在するようになると、必然的にその処理基盤であるHadoop/Sparkの利活用に、本格的に取り組まなければならなくなる。 ...続きを読む
IoT アナリティクス・ライフサイクルを支えるデータマネジメント技術を一気通貫で提供
多くの企業が新たなビジネス価値創造をテーマにIoTデータの活用に向かっているが、その効果的な実践を支えるデータマネジメントが確立されているとは言い難い。そこでSASが提唱しているのが「IoTアナリティクス・ライフサイクル」である。発生したデータをリアルタイムに処理し、迅速に分析結果を得る手法に加え、高精度なモデル作成をサポートする機能をすべて取り揃え ...続きを読む
ビジネスへのAI実装を先導するSAP Analyticsのポートフォリオ戦略
企業においてAIの実装が本格化するのはいつか――。各種アプリケーションの領域でAIの研究を重ねてきたSAPは、2017年内にビジネス全般へのAI適用が加速すると見ており、それを先導する形でソリューションをリリースしていく考えだ。「データマネジメント2017」のセッションでは、具体例として「識別する」「考える」「実行する」の3つの柱に対応したポートフォリオを取り上げ ...続きを読む
Data 3.0時代の到来を見据えた、セルフサービスによるデータ活用のための最適解
ビジネスにおける意思決定に不可欠なデータ分析に際して、現場のユーザー自らがデータを迅速かつ柔軟に収集、利活用できる仕組みが求められている。そのための最適解として注目を集めているのが、「データ統合ハブ」と「企業情報カタログ」だ。 ...続きを読む
IoT/ビッグデータ/AI連携時代のデータ管理の核となるソフトウェアベースのオブジェクトストレージ
昨今、ディープラーニング(深層学習)を中心としたAI(人工知能)への関心が高まっている。ただ、その精度を維持し、高めていくためには大量のデータを与えて学習を続けさせる必要があり、IoTとの連携が欠かせない。こうしたビッグデータを安全かつ経済的に蓄積し、柔軟に活用するための新たなデータマネジメントが求められている。この課題に対応する ...続きを読む
IoTから最大限の知見を得るための、“AI in BI”のアプローチ
インターネットに接続可能なデバイスが日々膨大なデータを生み出すIoT時代に突入するなか、喫緊の課題になるつつあるのがデータ利活用の高度化である。しかし形式や内容が異なる様々なデータが混在する状況において、ビジネスが求める「今欲しいカタチ」に合わせてデータを分析するのは決して簡単ではない。データの収集・蓄積、加工・分析、そして活用について ...続きを読む
製造・プラントでのIoT×AI活用の最適解は、「特定センサー」+「専用AI」
製造業においてIoT活用の動きが高まるなか、収集したデータの活用法としてAIによる分析アプローチが注目されている。しかし大量のデータをただやみくもにAIに分析させるだけでは期待した結果が出ることはない。富士通がそうした課題解決のための最適解として提案しているのが ...続きを読む
ユーザー利用率が他ツールの約4倍
YellowfinのBIツール全社活用のキーワードは「コラボレーション」
企業におけるデータ活用の重要性が高まるなか、その要ともなるBI(ビジネスインテリジェンス)ツールのニーズが急激に拡大しつつある。一方で課題となっているのが、組織全体に活用が広がらないという点だ。YellowfinのBIツールは、ビジネスプロジェクトに関わるすべての人がデータを拠り所に議論しアクションにつなげる環境を実現しようとしている。 ...続きを読む

データドリブン経営に挑む

《 東レ 》
ビッグデータで生産現場のPDCAをいかに早く回すかを考える
東レが日本を代表する総合化学メーカーであることは誰もが知っている。しかしITをフル活用した臨機応変・柔軟な事業運営に取り組んでいることは、意外に知 ...続きを読む
《 積水ハウス 》
情報の共有から始まった“住まい手”重視の一気通貫システム
積水ハウスが先に発表した2017年1月期通期業績予想は、売上高2兆円(前年度比7.6%増)、営業利益1750億円(同16.9%、営業利益率8.75%)。5年間で ...続きを読む
《 ブリジストン 》
IoTとシステム統合で目指す「断トツ」と「真のグローバル」
経済産業省・東京証券取引所が発表した資料によると、ブリヂストンを攻めのIT経営銘柄2015/同2016に連続選定した事由は、「経営計画でITの利活用を掲 ...続きを読む
《 日本郵船 》
世界のトップクラスの海運業を支えるIoT+ビッグデータ
日本郵船の保有船舶782隻、総積載トン数6,265万tは世界の海運業のトップクラス。広く知られるのは豪華客船「飛鳥II」だが、一方でわが国の資源エネルギ ...続きを読む
《 花王 》
グローバルレベルの資金効率向上の背景に15年がかりの全社ERP化
花王の「攻めのIT経営銘柄2016」選定事由は「資金効率をグローバルレベルで向上させたこと」という。具体的には、キャッシュ・コンバーション・サイクルを ...続きを読む
《 小林製薬 》
緻密な原価管理が競争力を支える〜小林製薬の成長を支える20年の取り組み
次々とヒット商品を生みながら成長を続ける小林製薬。競争の激しい市場において経営の屋台骨となっているのが、キメ細かい生産管理・原価管理を具現化する ...続きを読む

人気連載コラムから

CIOのための「IT未来予測」

オピニオン from CIO賢人倶楽部

データ経営のあり方を再考する

PAGE TOP