[新製品・サービス]

「なぜデータの分析・活用は進まないのか?」 原因を考え抜いたツールを前田建設が販売へ

2013年9月9日(月)IT Leaders編集部

“ビッグデータ”というほど大規模ではないものの、企業が日々の業務で獲得・蓄積する大量のデータ。その分析や活用は、できているだろうか?――。この問いに自信を持って「Yes!」と回答できる企業は少数派だろう。

市販のBIツールと組み合わせた利用を想定

 一方、表操作のレベルではなく、より高度な分析やグラフ化を行う場合は市販のBIツールと組み合わせることを想定している。例えば「Tableau」や「QlickView」といったツールである。必要なデータはすべてDIに、つまりユーザーの手元にあるので、これらのBIツールを使う際にもシステム部門の手を煩わせる必要がない。データの取得から項目名合わせやクレンジング処理などの一連のプロセスを定型化する機能もある(図2)。

図2:複数のCSVデータを取得し、項目合わせなどをする一連のプロセスを定型化できる

 DIは言ってみればこれだけのツールなのだが、データの正規表現や品質の問題、システム部門とユーザー部門の役割分担、使い慣れた(使い勝手のいい)BIツールとの連携など、よく考えられたツールと言える。「すべてを自動化するとか、高度なBI機能までDIに実装するアプローチもあり得ました。しかし市販の製品で使えるものがあれば使えばいい。それよりもITスキルを持たない利用者が自由に分析できるようにする点に絞って開発しました」(同社)。

 実際、すでに前田建設工業ではDIを使った分析環境を運用中だ。「具体的には、経営企画部門が決算発表会で使う説明資料作成に使用しています。建設工事マスターや工事実績契約DB、月次施工実績DBなどのデータを分析し、実績の推移や業績見通しを説明するものです。経営企画のスタッフが自由にデータを分析し、様々なデータを用いて業績見通しを検証できるようになりましたし、費用面でも大きな効果がありました。以前のDWHは導入に1億円程度、年間の保守運用に2000万円程度かかっていました。今は、それぞれ468万円、78万円にできました」(石黒事業部長)。

 最後に動作環境や価格を見ておこう。DIの推奨動作環境は、4コア以上のCPUで動作クロックが3.0GHz 以上、メモリー64GB 以上のPC。メモリーの容量が多いことを除けば、10万円程度のPCのスペックである。ソフトウェアはOSがWindows、Windows Server、Linux、Cent OSのいずれか。ほかにJDK(Java)やTomcat(AP Server)、MySQL(DB)、Apache(Web Server)が必要になる。従ってDIを利用したシステム構築には、IT部門の協力やSIerのサポートが必要だ。DIの価格は390万円(ユーザー数無制限)である。

関連記事

Special

-PR-

「なぜデータの分析・活用は進まないのか?」 原因を考え抜いたツールを前田建設が販売へ [ 5/5 ] “ビッグデータ”というほど大規模ではないものの、企業が日々の業務で獲得・蓄積する大量のデータ。その分析や活用は、できているだろうか?――。この問いに自信を持って「Yes!」と回答できる企業は少数派だろう。

PAGE TOP