[海外動向]

【PTC Live Global 2014 詳報】IoT/M2Mが求める企業の意識改革、モノを通じたサービス提供へ

2014年7月3日(木)志度 昌宏(DIGITAL X編集長)

CAD(Computer Aided Design:コンピュータによる設計)ソフトやPLM(Product Lifecycle Management:製品ライフサイクル管理)ツールを開発・販売する米PTCが2014年6月15日から18日(現地時間)にかけて、年次ユーザーカンファレンス「PTC live Global 2014」を米ボストンで開催した。基調講演などでは、製造業に向けた新たなビジョン「Closed Loop- Lifecycle Management」を提唱。IoT(Internet of Things:モノのインターネット)時代に向けて、ハードウェアの設計だけでなく、組み込みソフトの開発や、サービスビジネスまで、製品のライフサイクル全体の一元管理が重要だとした。こうした考え方は、実際にモノを作っていなくても、顧客を持つすべての企業にとって、「サービスとは何か」を考える際の参考になるはずだ。

 インテリジェントサービスプラットフォームでは、ビル内などの空調状況を機器に搭載したセンサーで収集。センターから、温度・湿度を快適に保ちつつ、エネルギーの使用状況や室内の明るさなども監視・制御する。

写真4:Traneのサービス&カスタマーケア部門バイスプレジデントのダン・タイバル氏写真4:Traneのサービス&カスタマーケア部門バイスプレジデントのダン・タイバル氏
拡大画像表示

 サービス&カスタマーケア部門バイスプレジデントのダン・タイバル氏は、サービス事業がここまで成長する過程では4つのステップを踏んだと明かす(写真4)。(1)販売部隊のサポート、(2)利益率の確保、(3)カルチャーの変革、(4)適切なソリューションの構築、である。現状はステップ4にあり、「製品販売ではなく、“建物の快適さ”というサービス提供に向けたカルチャーの変革が必要だった」と強調する。

製品の企画・開発から破棄までの全ライフサイクルを視野に

 基調講演などでIoTが製造業に意識改革を迫っていることを強調したPTC。だが、ヘプルマン氏は、IoTがPTCのビジネスにも変革を求めていることを認めて見せた。

 具体的には、同社がこれまで提供してきたPLMや、ソフトウェア開発を管理するALM(Application Lifecycle Management)、保守/サポートなどのサービス事業を管理するSLM(Service Lifecycle Management)などのそれぞれで「Lifecycle」という用語を使ってきた。だが、「製品が生まれてから廃棄するまでが真のライフサイクルであり、既存の製品群では一貫した状況把握ができなかった」(ヘプルマン氏)という。

 例としてヘプルマン氏は、“月の陰”を挙げる。これは、かつてNASA(アメリカ航空宇宙局)が月面探査船を月に送っていた時代、探査船が月の裏側に入ってしまうと地球から交信ができなかったことを表している。その間は、非常に大きな不安があったという。「これまでの製造業が、出荷までを重視し、顧客が製品を利用している状況は、まさに“月の陰”にあった」(ヘプルマン氏)というわけだ。

 IoT時代は、この“月の陰”の部分までがセンサーデータなどによって把握できる。なのでPTCは、IoT時代の新ビジョンとして「Closed-Loop Lifecycle Management」を提唱。既存のPLM、ALM、SLMを統合し、製品のより包括的なライフサイクル管理の実現を目指すとした。

ThingWorxがLifecycle Managementのための“糊”に

 ネットワークにつながったモノの価値が高まることを示すSCP(Smart、Connected Product)や、製品ライフサイクルとして管理範囲を広げるClosed-Loop Lifecycle ManagementといったPTCの新ビジョンは、いずれも論理的には納得がいくものではないだろうか。ただそれをPTCは具体的にどう実現するというのだろうか。

 新ビジョンの実現において、重要な役割を担うのが、IoT対応のアプリケーション開発・実行基盤である「ThingWorx」だろう(写真5)。IoT環境と既存各種Lifecycle Management環境、あるいはLifecycle Management環境における各種の機能ソフト群同士のそれぞれを連携させるための “糊”として役割が強まっているからだ。

写真5:IoT対応のアプリケーション開発・実行基盤となる「ThingWorx」写真5:IoT対応のアプリケーション開発・実行基盤となる「ThingWorx」
拡大画像表示

 ThingWorxは、 PTCが2013年末に買収した米ThingWorxの製品。センサーなどから集めたデータの格納から、それらデータを活用するアプリケーションの開発・実行環境までをカバーする。

写真6:ThingWorxの社長であるラス・ファデル氏写真6:ThingWorxの社長であるラス・ファデル氏
拡大画像表示

 ThingWorxの社長であるラス・ファデル氏は、「IoTの文脈においては、ネットワークやセンサーデータの重要性が強調されている。だが、本当に必要なのは、それらを利用するためのアプリケーションである。ThingWorxを開発・実行基盤に利用することで、IoT対応アプリケーションの開発効率は10倍にまで高められる」と強調する(写真6)。

関連記事

Special

-PR-

【PTC Live Global 2014 詳報】IoT/M2Mが求める企業の意識改革、モノを通じたサービス提供へ [ 3/5 ] CAD(Computer Aided Design:コンピュータによる設計)ソフトやPLM(Product Lifecycle Management:製品ライフサイクル管理)ツールを開発・販売する米PTCが2014年6月15日から18日(現地時間)にかけて、年次ユーザーカンファレンス「PTC live Global 2014」を米ボストンで開催した。基調講演などでは、製造業に向けた新たなビジョン「Closed Loop- Lifecycle Management」を提唱。IoT(Internet of Things:モノのインターネット)時代に向けて、ハードウェアの設計だけでなく、組み込みソフトの開発や、サービスビジネスまで、製品のライフサイクル全体の一元管理が重要だとした。こうした考え方は、実際にモノを作っていなくても、顧客を持つすべての企業にとって、「サービスとは何か」を考える際の参考になるはずだ。

PAGE TOP