【Special】

Citrix CloudPlatformとNetApp FASストレージがクラウドの運用を改革する!

2014年9月4日(木)

シトリックスの「Citrix CloudPlatform」と、ネットアップの「NetApp FASシリーズ」を組み合わせた“クラウド基盤バックアップソリューション”について、ネットワンシステムズが詳細な検証を行った結果をホワイトペーパーとして公開した。本案件にかかわるキーパーソンに話を聞いた。

データの管理はストレージに任せよう

 次に、クラウド基盤としてのストレージに目を向けて見よう。CloudPlatformは、ハイパーバイザーがサポートしているストレージを自由に選択し て用いることができる。したがって、ストレージを単なる“データの格納先”と考えるのであれば、汎用的なストレージをそのまま利用することができる。

ネットアップ アライアンス営業本部 クラウド・SI ビジネス推進部 シニアコンサルティングシステムズエンジニア 金子浩和氏

 しかし、ネットアップ アライアンス営業本部 クラウド・SI ビジネス推進部 シニアコンサルティングシステムズエンジニアの金子浩和氏は、そうした考え方は誤りだと指摘する。

 「クラウドを効率よく効果的に活用するためには、ストレージを“データを管理する”役割として捉えるべきです。クラウド上のさまざまなデータやサービスが格納されることになるため、すぐれた堅牢性や安全性が必要です。拡張性や柔軟性も重要な要素です。ストレージを単なる箱と捉えていては、クラウドのメリットを十分に引き出すことはできません」(金子氏)。

 ネットアップのNetApp FASシリーズは、エンタープライズレベルのセキュリティ・データ保護・管理性・拡張性を実現するストレージ製品だ。専用OSである「clustered Data ONTAP」は、エントリーからハイエンドまでの全モデルで採用されており、高度なストレージ仮想化を提供するほか、ノンストップで各種のオペレーションに対応できる運用効率性も兼ね備えている。

 「当社では、ユーザーが意識することなく、FASシリーズのすぐれた性能・機能を活用できるように、CloudPlatform向けのプラグイン“NetApp Virtual Storage Console(VSC) for Apache CloudStack”を開発しました。CloudPlatformのWeb画面から、容易にFASシリーズを管理できます」(金子氏)。

 VSCのメリットの一例として、バックアップ処理のオフロードについて紹介しよう。

図1 バックアップ処理のオフロードの概要
拡大画像表示

 

 通常のストレージの場合、VMのスナップショットはハイパーバイザーが取得するため、サーバに大きな負荷がかかり、取得後の性能劣化も著しい。VSCでは、この機能をNetApp FlexCloneへオフロードし、サーバへ負荷をかけずにストレージ側でVMのバックアップ処理が行われる。操作は従来と変わることがないため、運用の負担も小さくて済む。

ネットワンシステムズ 経営企画本部 第2応用技術部 クラウドソフトウェアチーム 千葉豪氏

 ネットワンシステムズ 経営企画本部 第2応用技術部 クラウドソフトウェアチームの千葉豪氏は、クラウド管理者の視点でストレージを管理できるメリットは大きいと述べる。

 「例えばクラウド管理者が重複排除を用いたいと思った場合、どの領域で必要なのかをストレージ管理者に伝え、それに応じて適切に設定するといった作業が必要でした。VSCを用いれば、クラウド管理者がCloudPlatform上で領域を指定して機能を有効化するだけでよいのです。人的ミスも大幅に削減できるでしょう」。

関連記事

Special

-PR-

Citrix CloudPlatformとNetApp FASストレージがクラウドの運用を改革する! [ 2/3 ] シトリックスの「Citrix CloudPlatform」と、ネットアップの「NetApp FASシリーズ」を組み合わせた“クラウド基盤バックアップソリューション”について、ネットワンシステムズが詳細な検証を行った結果をホワイトペーパーとして公開した。本案件にかかわるキーパーソンに話を聞いた。

PAGE TOP