[新製品・サービス]

ワークス「HUE」の開発費は300億円
100ミリ秒のレスポンスにこだわる

2014年10月15日(水)田口 潤(IT Leaders編集部)

ワークスアプリケーションズが2014年10月上旬にお披露目し、2015年春以降にリリースを予定する基幹業務パッケージ「HUE」は、文字通りイノベーティブなソフトウェア製品だ。RDBから脱却した点で自らの主力製品「COMPANYシリーズ」を否定するとも言えるからである。ではHUEはいかにして誕生したのか?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
【次ページ】「いかなる創造的な活動も、はじめは破壊的活動だ」
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

ワークスアプリケーションズ / HUE / ERP / KVS / パッケージ

関連記事

ワークス「HUE」の開発費は300億円 100ミリ秒のレスポンスにこだわるワークスアプリケーションズが2014年10月上旬にお披露目し、2015年春以降にリリースを予定する基幹業務パッケージ「HUE」は、文字通りイノベーティブなソフトウェア製品だ。RDBから脱却した点で自らの主力製品「COMPANYシリーズ」を否定するとも言えるからである。ではHUEはいかにして誕生したのか?

PAGE TOP