[クラウド活用パターン辞典〜Amazon Web Servicesを使い倒す!〜]

AWSでシステムの可用性を高める【第1回】

2017年3月13日(月)清野 剛史(クラスメソッドAWS事業部ソリューションアーキテクト)

AWS(Amazon Web Services)はパブリッククラウドサービスの先陣を走り、利用企業にとってAWSを使ってサービスを構築・運用することが大きな武器になる。しかし、その活用には、オンプレミスのシステムとは異なる視点や勘所がある。今回は、企業システムにおいて欠かせない非機能要件の1つである「可用性」を高めるための方法について説明する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
【次ページ】Auto Scalingによるサーバー単位の可用性
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
クラウド活用パターン辞典〜Amazon Web Servicesを使い倒す!〜一覧へ
関連記事

AWSでシステムの可用性を高める【第1回】AWS(Amazon Web Services)はパブリッククラウドサービスの先陣を走り、利用企業にとってAWSを使ってサービスを構築・運用することが大きな武器になる。しかし、その活用には、オンプレミスのシステムとは異なる視点や勘所がある。今回は、企業システムにおいて欠かせない非機能要件の1つである「可用性」を高めるための方法について説明する。

PAGE TOP