[クラウド分解辞典−Microsoft Azureの実像に迫る]

Microsoft Cognitive Servicesの概要【第10回】

2017年3月27日(月)萩原 正義

米Microsoftが開発し提供するクラウドサービスである「Microsoft Azure」(以下、Azure)の全体像に迫る本連載。前回はクラウドならではのサービスの代表格である機械学習(Machine Learning:ML)について解説した。今回は、音声認識などのユーザーエクスペリエンスを提供する「Microsoft Cognitive Services」と、深層学習(ディープラーニング)のフレームワークである「The Microsoft Cognitive Toolkit」について、その位置づけと利用方法を解説したい。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
【次ページ】Deep Learningのフレームワーク The Microsoft Cognitive Toolkit
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
クラウド分解辞典−Microsoft Azureの実像に迫る一覧へ
関連記事

Microsoft Cognitive Servicesの概要【第10回】米Microsoftが開発し提供するクラウドサービスである「Microsoft Azure」(以下、Azure)の全体像に迫る本連載。前回はクラウドならではのサービスの代表格である機械学習(Machine Learning:ML)について解説した。今回は、音声認識などのユーザーエクスペリエンスを提供する「Microsoft Cognitive Services」と、深層学習(ディープラーニング)のフレームワークである「The Microsoft Cognitive Toolkit」について、その位置づけと利用方法を解説したい。

PAGE TOP