[ザ・プロジェクト]

マン・マシン・システムと国内最大級のデータセンターがサービスのキモ―セコム

「攻めのIT経営銘柄 2016」選定企業のIT戦略<19>

2017年3月28日(火)佃 均(IT産業アナリスト)

「攻めのIT経営銘柄2016」にセコム(証券番号:9735)が選定された事由は、自律型の小型飛行監視ロボット「セコムドローン」と総延床面積24万平米のデータセンター。情報システム担当取締役(CIO)で人事本部長も兼ねる泉田達也氏は、「いまさらデータセンターか、と仰る方もおられますが……」と苦笑する。マンパワー依存型警備からセンサーによるシステム警備、セキュリティから防災、見守りへの転換は、ITなしには成し遂げられなかった。ロボットやビッグデータやAIの研究開発など、「ベンチャーのDNAは失っていません」と言う。

1966年にオンラインサービス

「ITの利活用は当社創業以来。ベンチャーのDNAは失っていません」と泉田達也氏はいう

 泉田氏の名刺には、「取締役人事本部長 情報システム担当」とある。当初は「人事本部長」だったが、2016年の4月に「情報システム担当」の肩書きが追加された。

 「実は当社のITはセコムトラストシステムズという子会社が担っていまして、2016年の3月末まで私が社長を務めていました。しかしクラウドやIoT(Internet of Things)、ビッグデータの時代、ハード/ソフト/サービスを一体で研究開発から運用まで、統括して全体を見ないといけないよね、ということになったんです」

 2016年の4月まで、本社に情報システム部門がなかったとは意外だった。

 現在は本社の情報システム部門が全体の企画立案と部門間調整、セコムトラストシステムズ(林慶司社長、2016年3月期の従業員946人)が実行部隊という位置付けだ。

 セコムの創業は1962年の7月7日。七夕の日には何かいわれがあるのだろうにしても、今回の主題ではない。だが戦後17年、第1次ベンチャーブームの火付け役の1社だった証左ではある。そしてあまり知られていないことだが、日本初のオンライン・セキュリティシステムを開発したのがセコムだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
【次ページ】21世紀型データセンターを追求
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

マン・マシン・システムと国内最大級のデータセンターがサービスのキモ―セコム「攻めのIT経営銘柄2016」にセコム(証券番号:9735)が選定された事由は、自律型の小型飛行監視ロボット「セコムドローン」と総延床面積24万平米のデータセンター。情報システム担当取締役(CIO)で人事本部長も兼ねる泉田達也氏は、「いまさらデータセンターか、と仰る方もおられますが……」と苦笑する。マンパワー依存型警備からセンサーによるシステム警備、セキュリティから防災、見守りへの転換は、ITなしには成し遂げられなかった。ロボットやビッグデータやAIの研究開発など、「ベンチャーのDNAは失っていません」と言う。

PAGE TOP