[OSSを理解する]

Web/APサーバー、DBMS、開発支援ソフトウェアのOSS鳥瞰図【第4回】

2017年5月19日(金)小磯 俊一郎(日本OSS推進フォーラム クラウド技術部会)

IT Leadersは2012年5月に「OSS鳥瞰図」を作成・公開した。様々あり多岐にわたるOSSを鳥の目で俯瞰的に理解できるように、という意図で作成したものだ。しかしOSSの進化は急ピッチである。そこに問題意識を持った日本OSS推進フォーラム クラウド技術部会が完全リニューアルし、「OSS鳥瞰図2017年α版」を作成した。今回は「Web/AP サーバー、データベース」および「開発支援」のカテゴリを解説する。

 OSS(Open Source Software)に関心のある方なら、LAMPやLAPPという言葉を耳にしたことがあるでしょう。Webアプリケーション構築に利用する主要なOSSの頭文字をとって作られた造語です。

  • LAMP=Linux(OS)+Apache(Webサーバー)+MySQL/MariaDB(データベース)+PHP/Perl/Python(開発言語)
  • LAPP=Linux(OS)+Apache(Webサーバー)+PostgreSQL(データベース)+PHP/Perl/Python(開発言語)

 今回は、これらの「Web/APサーバー、データベース」「開発支援」カテゴリに該当するOSSにスポットを当てます。かなり以前からある定番的なOSSが数多く並ぶ一方で、特にデータベースのカテゴリでは近年のビッグデータ技術の発展に伴い新しいOSSも目立ってきています。

Web/AP サーバー、データベース

 2017年α版のOSS鳥瞰図(http://ossforum.jp/node/1332)では、「Web/AP サーバー、データベース」を以下の8つのサブカテゴリに分けています。

  • Web/APサーバー
  • EAI/ESB
  • データベース
  • DBクラスタリング
  • DB管理
  • BPM
  • KVS
  • NoSQL
「OSS鳥瞰図2017年α版」より、「Web/APサーバー、データベース」の部分を抜粋
拡大画像表示

 今回は、この中からWeb/APサーバー、データベース、KVS、NoSQLのOSSを中心に紹介します。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
【次ページ】開発言語、開発支援ツール
  • 1
  • 2
バックナンバー
OSSを理解する一覧へ
関連記事

Web/APサーバー、DBMS、開発支援ソフトウェアのOSS鳥瞰図【第4回】IT Leadersは2012年5月に「OSS鳥瞰図」を作成・公開した。様々あり多岐にわたるOSSを鳥の目で俯瞰的に理解できるように、という意図で作成したものだ。しかしOSSの進化は急ピッチである。そこに問題意識を持った日本OSS推進フォーラム クラウド技術部会が完全リニューアルし、「OSS鳥瞰図2017年α版」を作成した。今回は「Web/AP サーバー、データベース」および「開発支援」のカテゴリを解説する。

PAGE TOP