[イベントレポート]

Salesforce.com、Einstein Platform Servicesなど開発者向け製品のアップデートを発表

TrailheaDX 2017 レポート

2017年6月30日(金)五味 明子(ITジャーナリスト)

米Salesforce.comは6月28日(米国時間)、米サンフランシスコで開催された同社のプライベートカンファレンス「TrailheaDX 2017」において、AIプラットフォーム「Einstein」などアプリケーション開発者を対象にした3製品のアップデートを発表した。

「Trailhead」をフィーチャーしたカンファレンス

 TrailheaDXはSalesforce.comが提供するアプリケーション開発者向けの無料のオンライン学習プラットフォーム「Trailhead」をフィーチャーしたカンファレンスで、2回めの開催となる今回のイベントには約6000名が参加している。

(写真1)サンフランシスコのカンファレンスセンターとして有名なモスコーニセンターの西館で2日間に渡って開催された「TrailheaDX 2017」には約6000名のデベロッパとアドミンが参加した

 今回、TrailheaDXで発表されたSalesforce.comによる製品アップデートの概要は以下の通り。

・Eisntein Platform Services

(写真2)アプリケーションにAI機能を実装するAPIサービス群「Einstein Platform Services」はSalesforceが買収したMetaMindなどの技術が数多く統合されている。SntimentとIntentは近日中にGAとなる予定

 画像認識や自然言語処理、アナリティクスといったAI機能をアプリケーションに実装するためのAPIサービス群。今回発表されたのは、ソーシャルメディアやメールなどのテキストデータから人間の感情(ポジティブ/ネガティブ/ニュートラル)を分類し、適切なアクションにつなげる「Einstein Sentiment」、人間の潜在的な感情や意図をレビューやコメントから読み取って学習する「Einstein Intent」、1枚の画像の中に含まれる複数のオブジェクトを認識し、場所やサイズなどを特定する機能を学習していく「Einstein Object Detection」。

 なおEinstein Object Detectionは買収したMetaMindのディープラーニング技術をベースにしている。現時点ではEinstein SentimentとEinstein Intentはベータ版、Einstein Object Detectionはパイロット版(限定公開)で、対応言語は英語のみ(その他の言語にも対応予定)。2017年3月に発表された画像認識API「Einstein Image Classification」もEinstein Platform Servicesに含まれる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
【次ページ】アプリケーション開発者を3つに分類
  • 1
  • 2
関連キーワード

AI

関連記事

Salesforce.com、Einstein Platform Servicesなど開発者向け製品のアップデートを発表米Salesforce.comは6月28日(米国時間)、米サンフランシスコで開催された同社のプライベートカンファレンス「TrailheaDX 2017」において、AIプラットフォーム「Einstein」などアプリケーション開発者を対象にした3製品のアップデートを発表した。

PAGE TOP