[新製品・サービス]

80種を超えるデータソースに仮想RDB接続、CData Driversの2017年版

2017年9月19日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

CData Software Japanは2017年9月19日、各種のデータソースを仮想的なデータベースとしてアクセスできるようにするデータ接続ドライバソフト「CData Drivers」の2017年版を発表、同日提供を開始した。新版では、Office 365やG Suiteなどを含む新ドライバを追加し、合計で80種を超えるデータソースに接続できるようにした。開発会社は、米CData Software。

図1●CData Driversの概要(出所:CData Software Japan)図1●CData Driversの概要(出所:CData Software Japan)
拡大画像表示

 CData Driversは、アクセス手段やデータ形式が異なる様々なシステムに対して、リレーショナルデータベース(RDBMS)としてアクセスできるようにするドライバソフトである。Salesforceなどのクラウドサービス、NoSQLデータベース、XML/JSONファイルなど、各種のデータを仮想RDB化し、ODBC/JDBC/ADO.NETなど標準的なインタフェースでアクセスできるようにする。

 2017年版ではデータソースを拡充し、新たに18種を追加した80種を超えるデータソースに接続できるようにした。追加したデータソースのハイライトとして、Dynamics 365、Office 365、G Suite(Google Calendar、Google Contacts、Google Drive)や、PayPal、Square、Stripeなどの決済サービスを追加した。

 価格(税別)は、Javaアプリケーション開発においてJDBC経由でデータソースにアクセスするための「JDBC Developer Subscriptions」の場合、年額30万円。ODBCは、「ODBC Desktop Subscriptions」が年額10万円、「ODBC Server Subscriptions」が要見積もり。ADO.NET接続は、「ADO.NET Subscriptions」が年額30万円、など。

 CData Software Japanは、米CData Softwareの日本法人である。米CData Softwareとインフォテリアが共同で設立した。国内の販売代理店は、グレープシティとコンポーネントソースの2社。さらに、OEM供給を介してインフォテリアがASTERIA WARPのオプションとして販売している。

関連記事

80種を超えるデータソースに仮想RDB接続、CData Driversの2017年版 CData Software Japanは2017年9月19日、各種のデータソースを仮想的なデータベースとしてアクセスできるようにするデータ接続ドライバソフト「CData Drivers」の2017年版を発表、同日提供を開始した。新版では、Office 365やG Suiteなどを含む新ドライバを追加し、合計で80種を超えるデータソースに接続できるようにした。開発会社は、米CData Software。

PAGE TOP