[新製品・サービス]

ユニアデックス、マルチベンダー混在で使えるハイパーコンバージド製品

2017年9月28日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ユニアデックスは2017年9月28日、異なるベンダーのPCサーバーを混在させられるHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)製品「UniFlex Hyper Converged」(UniFlex HC)を発表、同日提供を開始した。マルチベンダーサポートサービスと組み合わせることにより、ユニアデックスがワンストップでサポートする。

 UniFlex HCは、ユニアデックスのHCI製品である。最大の特徴は、マルチベンダーのハードウェアを選べることと、複数ベンダーを混在させてもサポートを受けられることである。分散ストレージソフト「VMware vSAN」を用いたHCIのリファレンスアーキテクチャであり、ハードウェアの選択肢に余裕を持たせている。ハードウェアは、米Cisco Systems、米Dell Technologies、米Hewlett-Packard Enterprise、中国Lenovoの4社から選択できる。

図1●UniFlex HCのストレージミラー構成の概要(出所:ユニアデックス)図1●UniFlex HCのストレージミラー構成の概要(出所:ユニアデックス)
拡大画像表示

 一般的なHCI製品は、アプライアンス製品として販売されることが多いため、短期間で導入ができるメリットがある一方で、増設時やマイグレーション時に他のベンダーの製品を混在させることが難しい。また、多くのHCIは、基本最少構成が3台から始まるため、中規模構成あるいは大規模構成の段階的な導入には適するが、小規模構成ではオーバースペックとなる。UniFlex HCは、これらの問題を回避する。

 さらに、UniFlex HCのクライアント仮想化(VDI)構成においては、VMware vSANのライセンスが重複しないようにしている。これに対してベンダー製のHCIでは、ハードウェアにVMware vSANのライセンスが含まれる場合があるという。この場合、VDIソフト「VMware Horizon」の上位エディション(AdvancedやEnterprise)を導入すると、VMware vSANのライセンスが重複してしまうという問題があった。

サーバー仮想化とデスクトップ仮想化向けに合計6モデル

 UniFlex HCでは、導入規模に応じて、2種類のハードウェア構成を用意している。中規模環境と大規模環境に適した「標準構成」と、小規模環境に適した「ストレージミラー構成」である。

 標準構成は、サーバー3台を基本構成とし、最大で64台まで増設できる。サーバー仮想化向けに大規模モデルと中規模モデル、クライアント仮想化(VDI)向けに大規模モデルと中規模モデル、合計で4モデルを用意している。

 価格(税別)は、サーバー、10GbEスイッチ、必要なライセンス(VMware vSphere、VMware vSAN、VMware Horizonなど)、導入費用の合算で、サーバー仮想化の中規模モデル(仮想サーバー40台)が2010万円から、大規模モデル(仮想サーバー80台)が2180万円から。クライアント仮想化の中規模モデル(仮想デスクトップ100台)が1970万円から、大規模モデル(仮想デスクトップ200台)が2970万円から。

小規模向けにはサーバー2台の固定構成も可能

 ストレージミラー構成は、サーバー2台の実行環境と管理用サーバーを基本とする固定構成である。サーバーの増設はできないが、2台のサーバー間のネットワークをケーブルで直接接続するため、外部にスイッチが要らない。サーバー仮想化向けの小規模モデルと、ライアント仮想化(VDI)向けに小規模モデル、合計で2モデルを用意している。

 価格は、価格(税別)は、サーバー、必要なライセンス(VMware vSphere、VMware vSAN、VMware Horizonなど)、導入費用の合算で、サーバー仮想化の小規模モデル(仮想サーバー20台)が1000万円から。クライアント仮想化の小規模モデル(仮想デスクトップ50台)が1140万円から。

関連キーワード

HCI

関連記事

ユニアデックス、マルチベンダー混在で使えるハイパーコンバージド製品 ユニアデックスは2017年9月28日、異なるベンダーのPCサーバーを混在させられるHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)製品「UniFlex Hyper Converged」(UniFlex HC)を発表、同日提供を開始した。マルチベンダーサポートサービスと組み合わせることにより、ユニアデックスがワンストップでサポートする。

PAGE TOP