システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

RPAロボットとExcel集計ソフトで複数EC店舗のルーチンを自動化―NSWが構築サービス

2017年10月2日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本システムウエア(NSW)は2017年10月2日、複数のEC(電子商取引)店舗を展開するユーザーに向けて、これら複数店舗のバックオフィス業務を自動化する業務システム「Creoss-RoboEX」を発表、同日提供を開始した。RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトとExcelデータの集約ソフトを連携させることによって、業務負荷を軽減する。

 複数のEC店舗を抱える事業者に向けて、店舗運営に関する膨大なルーチン作業を自動化するシステムを構築する。技術要素として、RPAソフトとExcelデータ集計ソフトを活用する。

図1●Creoss-RoboEXの概要(出所:日本システムウエア)図1●Creoss-RoboEXの概要(出所:日本システムウエア)
拡大画像表示

 RPAソフトとして、RPAテクノロジーズの「BizRobo! BasicRobo」を使う。同ソフトを使うことにより、ファイルからシステムへの転記など、これまで手作業で実施してきた定型業務を自動化できる。

 Excelデータ集計ソフトとして、デジタル・インフォメーション・テクノロジーの「xoBlos」を使う。Excelデータを分解してXML化し、再生成できるソフトである。これにより、Excelファイルを介して複数システムからデータを集約し、様々な用途に再利用できる。

 価格(税別)は、初期費用が200万円から。月額利用料が65万円から。販売目標は、初年度10件。

関連キーワード

RPA

関連記事

RPAロボットとExcel集計ソフトで複数EC店舗のルーチンを自動化―NSWが構築サービス 日本システムウエア(NSW)は2017年10月2日、複数のEC(電子商取引)店舗を展開するユーザーに向けて、これら複数店舗のバックオフィス業務を自動化する業務システム「Creoss-RoboEX」を発表、同日提供を開始した。RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトとExcelデータの集約ソフトを連携させることによって、業務負荷を軽減する。

PAGE TOP