[新製品・サービス]

さくらインターネット、無料SSLサーバー証明書「Let's Encrypt」の簡単導入ツール

2017年10月10日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

さくらインターネットは2017年10月10日、同社のIaaS型クラウドサービス群において、無料SSLサーバー証明書「Let's Encrypt」を簡単に導入できるようにすると発表した。第一弾として10月10日に「さくらのクラウド」向けに設定スクリプトを提供し、順次ほかのクラウドサービスに拡大する。

 IaaS型クラウドサービスの「さくらのクラウド」および「さくらのVPS」に向けて、Let's Encryptを簡単に導入して設定できる「スタートアップスクリプト」を提供する。スクリプトを実行するだけでSSLサーバー証明書を導入できる。さくらのクラウドは10月10日に提供を開始し、さくらのVPSは今秋を予定する。

図1●Let's Encryptのロゴ(出所:Internet Security Research Group)図1●Let's Encryptのロゴ(出所:Internet Security Research Group)

 10月17日には、「さくらのレンタルサーバ」および「さくらのマネージドサーバ」に向けて、Let's Encryptをコントロールパネル上で簡単に設定できる機能を提供する。コントロールパネル上の操作だけでSSLサーバー証明書を導入できる。90日ごとの更新作業も自動的に行われる。

 Let's Encryptは、米国の非営利団体ISRG(Internet Security Research Group)が運営する無料のSSLサーバー証明書である。ドメイン名の使用権限を確認して発行する「ドメイン認証(DV)」タイプのSSL証明書を発行してもらえる。

 また、さくらのレンタルサーバでは、ブログ/CMSプラットフォームの「WordPress」利用者向けに「常時SSL化プラグイン」を提供している。Let's Encryptとあわせて使うことで、WordPressで構築したWebサイトを手間なく常時SSL化することができる。

 今回のLet's Encrypt対応にあわせて、さくらインターネットはシルバースポンサーとしてLet's Encryptを支援する。

関連キーワード

SSL

関連記事

さくらインターネット、無料SSLサーバー証明書「Let's Encrypt」の簡単導入ツールさくらインターネットは2017年10月10日、同社のIaaS型クラウドサービス群において、無料SSLサーバー証明書「Let's Encrypt」を簡単に導入できるようにすると発表した。第一弾として10月10日に「さくらのクラウド」向けに設定スクリプトを提供し、順次ほかのクラウドサービスに拡大する。

PAGE TOP