[新製品・サービス]

NECが顔認識エンジンをクラウドサービス化、短期利用も可能に

2017年10月17日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2017年10月17日、顔認証エンジン「NeoFace」をクラウド型で提供するサービス「NeoFace Cloud」を発表、同日提供を開始した。APIを介して顔認識機能を利用できるようになる。サーバーの設置が難しい屋外や介護施設、短期間しか使わないイベントや工事現場といったシチュエーションで顔認証を活用しやすくする。価格(税別)は、端末1台、対象者1人あたり月額5265円。

図1●顔認証関連の製品サービス群の概念図(出所:NEC)図1●顔認証関連の製品サービス群の概念図(出所:NEC)
拡大画像表示

 NeoFace Cloudは、APIを介して顔認証ができるクラウドサービスである。NECの顔認証エンジンであるNeoFaceを、NECのクラウド基盤「NEC Cloud IaaS」上で動作させている。クラウドサービスであるため、オンプレミス環境にNeoFaceのシステムを構築して運用する必要がない。

 顔認識のための登録情報は、NECが安全に管理する。登録情報をクラウド上に保持したまま、一時的に利用を停止することもできる。これにより、イベントや工事現場などのように一定期間だけ使うケースにおいても、本人確認の手段として顔認証を利用できるようになる。

 関連会社のNECソリューションイノベータは、実際にNeoFace Cloudを活用したサービスとして、行方不明者や迷子など特定人物の捜索を支援する「捜索支援サービス」と、イベントや店頭において笑顔診断などによる集客支援を行う「イベント支援サービス」を提供する。

ログイン認証ソフトは、写真による成りすまし対策とAPI連携を追加

 なお、NeoFace Cloudの提供にあわせて、顔認証によるログオンなどができるパソコン向けユーザー認証ソフト「NeoFace Monitor」と、顔認証ソフトをプリインストールしたアプライアンスサーバーと導入サービスなどをセットにした「NeoFace顔認証システム導入セット」についても強化した。

 NeoFace Monitorは、新版「NeoFace Monitor V3」にバージョンアップした。10月19日に出荷する。価格は、1万6800円から。新版では、視線の検知や、正面以外の角度からの顔の検知によっても、認証が可能になった。ログオンやロックを解除する際に、顔や目の動きをランダムに指示することによって、写真や動画によるなりすましを防げるようにした。

 さらに、外部システムからAPI経由で顔認識機能を利用できるようにした。これにより、、システム起動時にID/パスワード認証が必要になる人事給与システムや勤怠管理システムといった業務アプリケーションにおいて、顔認証によるログオンが可能になる。

 NeoFace 顔認証システム導入セットの強化では、顔認証ソフトをプリインストールしたアプライアンスサーバーと導入サービスなどをセットにしたラインアップに、現場設置時に必要となるUPS内蔵モデルなどを追加し、品揃えを強化した。12月26日に出荷する。価格は、65万7000円から。

関連キーワード

AI

関連記事

NECが顔認識エンジンをクラウドサービス化、短期利用も可能に NECは2017年10月17日、顔認証エンジン「NeoFace」をクラウド型で提供するサービス「NeoFace Cloud」を発表、同日提供を開始した。APIを介して顔認識機能を利用できるようになる。サーバーの設置が難しい屋外や介護施設、短期間しか使わないイベントや工事現場といったシチュエーションで顔認証を活用しやすくする。価格(税別)は、端末1台、対象者1人あたり月額5265円。

PAGE TOP