[インタビュー]

腕時計事業を皮切りに「CASIO CONNECTED」でカシオが描くデジタル戦略

「創造 貢献」の経営理念にIT部門はどう応えるべきか

2017年10月24日(火)川上 潤司(IT Leaders編集部)

「デジタルはカシオ」──。ある程度の年齢の読者ならば、人気アイドルが起用された往年のテレビCMのフレーズを記憶しているかもしれない。針がチクタクと時を刻む機構に代わって、数字による時刻表示に“未来感”が漂った時代である。あれから40年近くが経過した今、“デジタル”は、情報技術の進化と普及を味方に付け、それを前提としたビジネスを創り出す意も帯びてきた。その観点で当のカシオ計算機はどのような取り組みをしているのか。キーパーソンに話を聞いた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
【次ページ】IT部門はデジタル戦略の表舞台に立ってしかるべき
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

腕時計事業を皮切りに「CASIO CONNECTED」でカシオが描くデジタル戦略 「デジタルはカシオ」──。ある程度の年齢の読者ならば、人気アイドルが起用された往年のテレビCMのフレーズを記憶しているかもしれない。針がチクタクと時を刻む機構に代わって、数字による時刻表示に“未来感”が漂った時代である。あれから40年近くが経過した今、“デジタル”は、情報技術の進化と普及を味方に付け、それを前提としたビジネスを創り出す意も帯びてきた。その観点で当のカシオ計算機はどのような取り組みをしているのか。キーパーソンに話を聞いた。

PAGE TOP