[新製品・サービス]

IoT機器などのデータ通信を保護する暗号化アプライアンス製品─日立産業制御ソリューションズ

2017年10月23日(月)IT Leaders編集部

日立産業制御ソリューションズは2017年10月20日、製造業でのIoTへの取り組みを支援するため、既存のインターネット環境にゲートウェイとして設置することで、日立の「鍵付け替え技術」により拠点間の機密データを保護できるようにする暗号化アプライアンス製品「S.COATBOX/DS」を発売した。販売目標は、2020年度までに年間2億円。

 S.COATBOX/DSは、独自の「鍵付け替え技術」により、拠点間で共有する機密データを保護する暗号化アプライアンス製品である。安価なインターネット回線を安全にし、セキュリティ強化と運用管理作業を意識せずに、IoT推進に必要な機器やシステムなどをインターネットでつなげることが可能になる。

 通信拠点ごとにゲートウェイとして設置するため、IoT機器/サーバー/PC/PLCなど、個々の機器への暗号化に関する設定が不要である。日立情報通信エンジニアリングが提供する「IoTデータセキュリティ」を搭載している。これにより、日立製作所の「鍵付け替え技術」を採用した暗復号ソフトウェアと、鍵管理サービスを活用できる。

 暗号化通信の各種設定は管理サーバーから一元的に設定でき、運用開始・増設作業の手間を低減できる。認証処理や通信プロトコル制限がなく、業務アプリケーションに影響を与えない。定期的な鍵更新や、拠点増設時の煩雑な作業を削減し、管理者側の負担も低減する。鍵管理サーバーからの自動更新により、更新漏れなどによるセキュリティリスクも回避可能だ。

 S.COATBOX/DSの価格(税別)は、暗号化アプライアンス製品(2台以上)が61万6000円から。保守費は、鍵管理サービスが年額3万3000円から。オプションで、一般問い合せ・障害対応と、センドバックによる修理対応を用意している。価格はいずれもオープン。

関連記事

IoT機器などのデータ通信を保護する暗号化アプライアンス製品─日立産業制御ソリューションズ 日立産業制御ソリューションズは2017年10月20日、製造業でのIoTへの取り組みを支援するため、既存のインターネット環境にゲートウェイとして設置することで、日立の「鍵付け替え技術」により拠点間の機密データを保護できるようにする暗号化アプライアンス製品「S.COATBOX/DS」を発売した。販売目標は、2020年度までに年間2億円。

PAGE TOP