[新製品・サービス]

ネットワン、店舗Wi-Fiを販促に活用するためのクラウドサービス

2017年10月24日(火)IT Leaders編集部

ネットワンパートナーズは2017年10月23日、店舗のWi-Fiを活用したデジタルマーケティングを実現する小売業向けクラウドサービス「Volare」を発表、同日販売を開始した。開発会社は米Cloud4Wi。

 Volareの機能は2つある。1つめの「手軽なゲストWi-Fi認証機能」は、簡単にWi-Fiに接続できるようにする機能である。効果として、Wi-Fi利用者数を増やすことができる。もう1つの「豊富なマーケティング機能」は、Wi-Fi利用者に向けて広告や割引クーポンを配信する機能である。効果として、販売促進になる。

 Volareによって導入店舗は、既設のWi-Fiネットワークを活用しながら、来店者数の増加と、滞在時間の増加を実現できる。さらに、各種のマーケティング活動によって、売上の向上や顧客ロイヤリティの向上を図ることができる。

 背景には、来店者数の増加を目的としたWi-Fi接続サービスを提供する小売店舗が増えている一方で、接続認証が煩雑で利用者が伸びないという課題や、Wi-Fiサービスを上手く販売促進につなげられていないという課題がある。

 ゲストWi-Fi認証機能では、主要ベンダーの無線LANアクセスポイントと、SNSとの連携機能を活用し、簡単に認証を受けられるようにした。主要なソーシャルメディアと連携しており、来店者はSNSのアカウントでログインするだけで、簡単にゲストWi-Fiサービスを利用できる。SNSアカウント以外にも、SMS、メール、ID/パスワードなどが使える。

 Wi-Fi接続時に表示するページや、認証画面を兼ねた店舗情報ページを作成可能できる。テンプレートに画像や文字を入れるだけの作業によって、ブランドイメージに沿ったページを簡単に作成できる。新商品情報やキャンペーン情報などをWi-Fiサービス利用者に提供できる。

 もう1つのマーケティング機能では、Wi-Fiサービス利用者に向けて、広告、割引クーポン、ダイレクトメッセージなどを配信できる。配信のタイミングや配信対象者も制御できる。これらの情報を配信するタイミングや配信対象者も制御できる。

関連記事

ネットワン、店舗Wi-Fiを販促に活用するためのクラウドサービス ネットワンパートナーズは2017年10月23日、店舗のWi-Fiを活用したデジタルマーケティングを実現する小売業向けクラウドサービス「Volare」を発表、同日販売を開始した。開発会社は米Cloud4Wi。

PAGE TOP