[新製品・サービス]

Tintriが仮想化専用ストレージに545万円のエントリー新機種を追加、100VMまで収容

2017年10月30日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ティントリジャパンは2017年10月30日、サーバー仮想化環境に特化したストレージ装置「Tintri VMstore」シリーズのラインアップを拡張し、仮想サーバー100台以下の用途向けに、税別価格が545万円のエントリー機種「Tintri VMstore T1000」を発表した。2017年12月から出荷する。既存のエントリーモデル「Tintri VMstore EC6030」(1348万5000円から)の半額以下とした。開発会社は、米Tintri。

図1●エントリー機種を追加した(出所:ティントリジャパン)図1●エントリー機種を追加した(出所:ティントリジャパン)
拡大画像表示

 Tintri VMstoreは、サーバー仮想化環境(VMware/Hyper-V/KVM)において、仮想サーバー(VM)のディスクイメージを格納する用途に特化したNAS(NFS/SMB3)ストレージ装置である。最大の特徴は、LUN(ボリューム単位)ではなく個々のVM単位でI/O性能や容量などを設定できることである。

写真1●Tintri VMstore T1000の外観写真1●Tintri VMstore T1000の外観
拡大画像表示

 2017年9月に発表した最新機種「EC6000」シリーズに加えて、今回さらにエントリー方向にラインアップを拡張した。既存のエントリーモデル「EC6030」は、実効容量(5倍換算)が19TB~40TBで、仮想サーバーを500台まで格納する。今回新たに追加したT1000は、実効容量が10TB固定で、仮想サーバーを1000台まで格納する。

図2●Tintri VMstore T1000と、既存のエントリーモデルであるTintri VMstore EC6030の比較(出所:ティントリジャパン)図2●Tintri VMstore T1000と、既存のエントリーモデルであるTintri VMstore EC6030の比較(出所:ティントリジャパン)
拡大画像表示

 ハードウェアとソフトウェアはEC6000を踏襲しており、基本的にはEC6000と同じ機能を利用できる。T1000ではまた、標準ライセンスの範囲で提供する機能を増やしており、データの暗号化機能や、Tintri VMstore同士でのデータのレプリケーション機能を標準ライセンスのままで利用できる。

 この他の機能として例えば、VMイメージのスナップショットをパブリッククラウドのオブジェクトストレージ(Amazon S3やIBM Cloud Object Storage)にバックアップできる。ストレージの利用状況を分析し、ストレージの資源(性能と容量)が足りるかどうかを予測できるSaaS型アプリケーション「Tintri Analytics」も利用できる。

 仮想サーバー100台までのエントリー機種を追加した狙いについて、ティントリジャパン職務執行者社長の河野通明氏は、「HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)を導入したいがHCIには制約があるというケースにおいて、Tintri VMstoreのエントリー機種を欲する声があった」と説明する。

写真2●ティントリジャパンの河野通明氏と米Tintriのトニー・チャン氏、および国内販売代理店6社(ノックス、丸紅情報システムズ、ネットワンパートナーズ、ネットワールド、兼松エレクトロニクス)写真2●ティントリジャパンの河野通明氏と米Tintriのトニー・チャン氏、および国内販売代理店6社(ノックス、丸紅情報システムズ、ネットワンパートナーズ、ネットワールド、兼松エレクトロニクス)
拡大画像表示
関連記事

Tintriが仮想化専用ストレージに545万円のエントリー新機種を追加、100VMまで収容ティントリジャパンは2017年10月30日、サーバー仮想化環境に特化したストレージ装置「Tintri VMstore」シリーズのラインアップを拡張し、仮想サーバー100台以下の用途向けに、税別価格が545万円のエントリー機種「Tintri VMstore T1000」を発表した。2017年12月から出荷する。既存のエントリーモデル「Tintri VMstore EC6030」(1348万5000円から)の半額以下とした。開発会社は、米Tintri。

PAGE TOP