[新製品・サービス]

農業生産工程管理指導者育成を支援するeラーニングサービスを提供─NECソリューションイノベータ

2017年10月31日(火)IT Leaders編集部

NECソリューションイノベータは2017年10月30日、GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)指導者育成を支援するeラーニングサービス「タブレットで学べる指導者のためのGAPの基本と実践」の提供を、2017年12月に開始すると発表した。

 「タブレットで学べる指導者のためのGAPの基本と実践」は、GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)の指導者を目指す人や指導機関向けに必要となる基本的な制度や実践的な指導内容を、PCやタブレットを用いて学習できるeラーニングサービスである。

 学習後のテスト結果から習得状況を確認できるため、学習者は、自身の状況に応じて繰り返し学習を行うなど、効果的に学習を進めることができる。学習コンテンツは、GAPの専門家である山田正美氏が学習内容の原案を作成し、日本農業サポート研究所がコンテンツの作成・編集をしている。

 具体的には、世界水準のGAP基準や農林水産省発行のGAP共通基盤に関するガイドラインを踏まえた学習コンテンツを採用しているため、GAP制度の理解から、GAP認証取得に向けた実践的な知識の学習までを行うことができる。

 学習コンテンツはGAPの基礎や実践的な指導内容などを学ぶための学習書と、一問一答のクイズ形式の問題集で構成されているため、疑問点の振り返りや繰り返しの学習を行いやすく、効果的な知識習得につなげられる。

 PCやタブレットを使ったeラーニングサービスなので、学習者は、自身の都合の良いタイミングで学習することができる。講習会などでの学習教材としても利用することが可能だ。

 タブレットで学べる指導者のためのGAPの基本と実践の価格は、1学習者当たりの月額利用料が400円(税別)になる。なお、利用には法人契約が必要で、学習者数(発行ID)は30から、利用可能期間は3カ月から。

 NECソリューションイノベータは、サービス提供開始後1年間で学習者1万人の利用を目標にする。

関連キーワード

eラーニング

関連記事

農業生産工程管理指導者育成を支援するeラーニングサービスを提供─NECソリューションイノベータNECソリューションイノベータは2017年10月30日、GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)指導者育成を支援するeラーニングサービス「タブレットで学べる指導者のためのGAPの基本と実践」の提供を、2017年12月に開始すると発表した。

PAGE TOP