[新製品・サービス]

NEC、歩きながら顔認証ができる入退管理システムを構築するSIサービス

2017年11月6日(月)IT Leaders編集部

NECは2017年11月2日、カメラの前で立ち止まることなく歩きながら顔認証ができる“ウォークスルー顔認証”を利用した入退管理システムを構築するSIサービスを発売、同日販売を開始した。顔とICカードを組み合わせた厳格な本人認証で入退管理ができる。価格(税別)は3000万円から。販売目標は、今後3年間で200セット。

 入退管理システムに必要な、顔認証用カメラ、顔登録装置、入退場ゲートなどのハードウェアから、入退管理や顔認証などを行うソフトウェアまで、入退管理システムに必要な機能を包括的に提供する。顔認証エンジンにはNECの「NeoFace」を利用する。SIサービスとして、導入に向けたコンサルティングから要件定義、システム設計・構築、工事、保守までの一連の工程も一括して提供する。

 本人を確認する方法は、事前に撮影・登録した顔画像と、入退場ゲートとともに設置した顔認証用カメラで撮影した顔画像を照合するというものである。ICカードの貸し借りやなりすまし入場などによる不正入退の防止を図れる。

 入退場ゲートに近づく顔を顔認証用カメラで連続撮影することにより、ICカードを読み取り機にかざすと即座に顔認証ができる。これにより、立ち止まらることなく認証できる。認証失敗時の顔画像のログを保存することで、認証に失敗した人物の顔画像を管理者が確認できるため、不正入退に対する心理的な抑止効果も期待できる。

 価格(税別)は、顔認証用カメラ付き入退場ゲート(3通路)、顔登録装置(1台)、入退管理サーバー(1台)、入退管理・顔認証用ソフトウェア(1セット)、設置工事を含み、3000万円から。

関連記事

NEC、歩きながら顔認証ができる入退管理システムを構築するSIサービス NECは2017年11月2日、カメラの前で立ち止まることなく歩きながら顔認証ができる“ウォークスルー顔認証”を利用した入退管理システムを構築するSIサービスを発売、同日販売を開始した。顔とICカードを組み合わせた厳格な本人認証で入退管理ができる。価格(税別)は3000万円から。販売目標は、今後3年間で200セット。

PAGE TOP