開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

日本RPA協会、自治体などの業務をRPAで効率化する支援プログラムを開始

2017年11月8日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

一般社団法人日本RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)協会は2017年11月8日、「行政・アカデミア分科会」の活動として、自治体や中央省庁など行政関係機関の業務の効率向上を支援する「RPA行政支援プログラム」を発表した。2017年11月下旬に受付を始め、2018年1月以降に開始する。

 自治体を支援する「RPA自治体支援プログラム」と、中央官庁を支援する「RPA中央官庁支援プログラム」で構成する。研修環境と試用環境は、短期間の場合は無償で提供する。実施実績は日本RPA協会に報告する必要があり、協会は実績としてWebサイトなどで紹介する。

 (1)RPA自治体支援プログラムは、地方自治体(都道府県・市区町村など)の行政機関におけるデジタル業務に関して、RPA導入による業務効率向上を図るため、特に人材育成の面から支援する。また、地域の教育機関の学生や教職員による地域行政への参画、地域のハブとなるRPA拠点の構築などを支援する。

 支援内容は以下の通り。

  • 自治体の行政機関(都道府県庁・市役所・区役所・町村役場など)における職員・新人向けのRPA研修
  • 地域行政への協力を計画する大学・高専・高等学校などの学生および教職員へのRPA研修
  • 地域のRPA拠点の構築へのアドバイス・サポート
  • 上記各支援時の試用アカウント提供
  • RPA導入による地域活性化アイデア募集事業(ハッカソン実施など)のサポート
  • その他、地域のRPA導入に関するアドバイス

 (2)RPA中央官庁支援プログラムは、中央官庁(府・省・庁)および関連する政府機関において、デジタル事務処理およびデータ処理やWebシステム構築・運用等の業務に関して、RPA導入によって業務の効率向上を図るため、人材育成と業務改善提案の両面から支援する。

 支援内容は以下の通り。

  • 府・省・庁および関連する政府機関における職員・新人向けのRPA研修
  • 試用アカウント提供
  • RPA導入サポート人材の派遣
  • 行政業務向上のアイデア募集(ハッカソンなどの実施など)のサポート
  • その他、業務効率向上に関するアドバイス
関連キーワード

RPA

関連記事

日本RPA協会、自治体などの業務をRPAで効率化する支援プログラムを開始 一般社団法人日本RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)協会は2017年11月8日、「行政・アカデミア分科会」の活動として、自治体や中央省庁など行政関係機関の業務の効率向上を支援する「RPA行政支援プログラム」を発表した。2017年11月下旬に受付を始め、2018年1月以降に開始する。

PAGE TOP