[事例ニュース]

支付宝(アリペイ)対応のモバイル決済をatre全館約1500店舗に導入、リクルートライフスタイル

2017年11月9日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

リクルートライフスタイルは2017年11月9日、中国のモバイル決済基盤「支付宝(Alipay)」を使った決済を可能にする「モバイル決済 for Airレジ」を、アトレが運営するショッピングセンター「atre(アトレ)」全館約1500ショップに導入すると発表した。2017年11月21日から順次導入を開始する。支付宝(Alipay)に対応することで、訪日中国人が利用しやすくなる。

写真1●QRコードによるモバイル決済のイメージ(出所:リクルートライフスタイル)写真1●QRコードによるモバイル決済のイメージ(出所:リクルートライフスタイル)
拡大画像表示

 モバイル決済 for Airレジは、顧客のスマートフォンに表示されるQRコードを店舗側で読み込むだけで決済が完了する、小売店舗向けのモバイル決済サービスである。店舗側は、インターネットにつながったiPadまたはiPhoneを用意するだけで、初期費用や月額利用料なしで利用できる。

 利用できるモバイル決済基盤は、中国Alibaba Groupの「支付宝(Alipay)」、仮想通貨の一種である「ビットコイン」、コミュニケーションアプリ「LINE」のモバイル送金・決済機能「LINE Pay(ラインペイ)」の3つである。

 支付宝(Alipay)が使えることで、訪日中国人が店舗を利用しやすくなる。支付宝(Alipay)の中国国内の実名認証ユーザーは5.2億人を超えており、1日の平均取扱件数は1.6億件を超えているという。

 モバイル決済 for Airレジの利用にあたって、導入費用や月額利用料は不要である。利用額に応じた決済手数料だけがかかる。入金サイクルは当月締めの翌月末1回払い。決済時の日本円で入金するので、為替を気にする必要はない。入金元は、イーコンテクストの委託元であるベリトランス。

関連記事

支付宝(アリペイ)対応のモバイル決済をatre全館約1500店舗に導入、リクルートライフスタイルリクルートライフスタイルは2017年11月9日、中国のモバイル決済基盤「支付宝(Alipay)」を使った決済を可能にする「モバイル決済 for Airレジ」を、アトレが運営するショッピングセンター「atre(アトレ)」全館約1500ショップに導入すると発表した。2017年11月21日から順次導入を開始する。支付宝(Alipay)に対応することで、訪日中国人が利用しやすくなる。

PAGE TOP