[新製品・サービス]

ウインドリバーがIoTデバイス管理「Helix Device Cloud」を強化、オンプレミスで利用可能に

2017年11月10日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

組み込み用途のOSを手がけるウインドリバーは2017年11月10日、都内で会見し、IoTデバイス管理機能をクラウド上で提供するサービス「Wind River Helix Device Cloud」を強化すると発表した。新たに、これまでクラウド上での提供に限られていたデバイス管理サーバーをオンプレミス環境に導入できるようになった。機能面では、IoTデバイスをネットワークにつなげるだけで設定を反映できるゼロタッチ管理機能を追加した。

図1●IoTを中心としたウインドリバーのセキュリティ製品群(出所:ウインドリバー)図1●IoTを中心としたウインドリバーのセキュリティ製品群(出所:ウインドリバー)
拡大画像表示

 Helix Device Cloudは、IoTデバイス管理機能をクラウド型で提供するサービスである。IoTデバイスからのデータの収集やIoTデバイスの管理、開発したアプリケーションをIoTデバイスにデプロイする機能などを提供する。IoTデバイス側に専用のエージェントソフトをインストールして使う。

 今回の強化では、これまでクラウド上で提供していた管理サーバー機能をオンプレミス環境のサーバー機にも導入できるようにした。仮想アプライアンス型で提供する。IoTデバイスをインターネットに接続させたくないユーザーは、オンプレミス版を利用することで、インターネットに接続せずに済む。

 今回さらに、IoTデバイスの初期導入時にゼロタッチで設定を反映し、ネットワークへの接続やデバイスの登録などを自動化できる機能を追加した。基盤サービスとして、米Intelの「Intel Secure Device Onboard」(Intel SDO)を利用する。

関連記事

ウインドリバーがIoTデバイス管理「Helix Device Cloud」を強化、オンプレミスで利用可能に 組み込み用途のOSを手がけるウインドリバーは2017年11月10日、都内で会見し、IoTデバイス管理機能をクラウド上で提供するサービス「Wind River Helix Device Cloud」を強化すると発表した。新たに、これまでクラウド上での提供に限られていたデバイス管理サーバーをオンプレミス環境に導入できるようになった。機能面では、IoTデバイスをネットワークにつなげるだけで設定を反映できるゼロタッチ管理機能を追加した。

PAGE TOP