[新製品・サービス]

大規模な監視カメラシステムを構築できる映像管理ソフト─ネットワンパートナーズ

2017年11月13日(月)IT Leaders編集部

ネットワンパートナーズは2017年11月10日、大規模・高機能な監視カメラシステムを構築できる監視カメラ映像管理ソフト「Security Center」を発表、同日販売を開始した。専用レコーダーは不要で、仮想環境の特性を活かし効率的に多拠点を監視可能にする。開発会社は、加Genetec。

 Security Centerは、監視カメラ映像を管理するためのソフトである。

 特徴の1つは、仮想環境で動作すること。これにより、システム拡張が容易で、大規模なシステムを構築できる。従来は、各拠点にサーバー機や専用レコーダー装置、映像保存用のストレージなどが必要になっていた。これらをデータセンター側の仮想基盤に集約できるようになった。

 基本的な機能のほかに、監視対象の移動にあわせたカメラの切り替えが可能な「ビジュアルトラッキング機能」、管理画面の地図上にプロットしたカメラアイコンへマウスを近づけることでライブ映像を表示できる「マップマネージャー機能」なども備える。他社の映像分析エンジンも、プラグインやSDK経由で利用できる。

 幅広いメーカーのカメラを利用できるため、既存の投資を損なうことなく導入できる。接続するカメラの台数は無制限で、数万台レベルのカメラでも利用できる。複数拠点のライブ映像や録画映像などを単一画面に表示する日本語のUIを備えている。

関連記事

大規模な監視カメラシステムを構築できる映像管理ソフト─ネットワンパートナーズ ネットワンパートナーズは2017年11月10日、大規模・高機能な監視カメラシステムを構築できる監視カメラ映像管理ソフト「Security Center」を発表、同日販売を開始した。専用レコーダーは不要で、仮想環境の特性を活かし効率的に多拠点を監視可能にする。開発会社は、加Genetec。

PAGE TOP