[事例ニュース]

テレビ朝日がRPAで販売データを自動入力、アビームコンサルティングが導入支援

2017年11月13日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アビームコンサルティングは2017年11月13日、テレビ朝日に対してRPA(ロボットによる業務自動化)の導入を支援したと発表した。バックオフィス業務の効率化だけでなく、フロント業務のプロセスにRPAを組み入れることにより、これまで人手では不可能だった顧客への新たな価値提供を実現したとしている。

 テレビ朝日は、グループ全体の業務改革を推進する施策として、RPAに着目している。今回、RPAの効果を検証するため、テレビ朝日と、グループのBPOサービスを担うテレビ朝日サービスにおいて、PoC(概念実証)の実施を決定した。

 アビームコンサルティングは、パイロット業務の選定、ロボット化する業務用件の定義、ロボット開発、などを総合的に支援した。加えて、業務に合わせてロボットの仕様を柔軟に変えられるように、ロボット開発を行う体制作りや技術者のトレーニングも支援した。

 3つの業務を対象にRPAの適用を進めた。(1)「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」のチケット販売におけるデータ管理業務、(2)勤務実績の管理業務、(3)システム運用のサポート業務、である。

販売データの入力をRPAが代行、勤怠入力のチェックもRPAで実施

 (1)のテレ朝夏祭りは、年に1回、約1カ月以上にわたって開催されるイベントであり、前売りチケット、当日売りチケット、アトラクション整理券付きチケットなど、様々な種類のチケットがいくつもの販売ルートに分かれている。

 従来は、様々な販売チャネルから入ってくるチケット販売データを、スタッフが手入力し、翌日以降のマーケティング施策に利用していた。今回、RPAを導入し、チケット販売データの入力作業を自動化した。さらに、気象情報などのビッグデータと組み合わせ、より適切な施策を立案できるようにした。

 (2)の勤務実績の管理業務では、月初めや月中に厚生労務担当者が確認していた社員の出勤表の入力状況の確認を、RPAに代行させた。入力情報が不足している場合には、該当社員へメールで入力依頼を行うプロセスも確立した。

 (3)のシステム運用のサポート業務では、グループ内部からのシステム新規接続申請に対し、これまで人手で行っていたシステム間連携をRPAに代行させた。これにより、入力時間の削減に加え、入力ミスなどをなくし、業務の精度も向上させた。

関連キーワード

RPA

関連記事

テレビ朝日がRPAで販売データを自動入力、アビームコンサルティングが導入支援アビームコンサルティングは2017年11月13日、テレビ朝日に対してRPA(ロボットによる業務自動化)の導入を支援したと発表した。バックオフィス業務の効率化だけでなく、フロント業務のプロセスにRPAを組み入れることにより、これまで人手では不可能だった顧客への新たな価値提供を実現したとしている。

PAGE TOP