[市場動向]

PFNのスパコンがTOP500で国内1位に登録、約1.39ペタFLOPSを記録

2017年11月14日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

Preferred Networksは2017年11月14日、PFNが構築したスーパーコンピュータシステム「MN-1」が、2017年11月のスーパーコンピュータ性能ランキング「TOP500リスト」において、産業領域のスーパーコンピュータにおける世界12位、国内1位として登録されたと発表した。すべてのスーパーコンピュータを含むランキングでは世界91位、国内13位となる。

 スーパーコンピュータの性能ランキング「TOP500(www.top500.org)」の最新版(2017年11月公開)において、PFNが構築したスーパーコンピュータのMN-1が、産業領域のスーパーコンピュータにおける世界12位、国内1位として登録された。TOP500は、密行列の並列処理性能を競うベンチマーク「LINPACK」の高得点ランキングであり、MN-1のLINPACKベンチマーク値は1.391ペタFLOPS。

 MN-1は、ディープラーニングの研究開発を目的にPFNが2017年9月に稼働させた、GPUベースのスーパーコンピュータシステムである。NTTコミュニケーションズの東京第4データセンターに置かれており、GPUの基盤としてNTTコミュニケーションズとNTTPCコミュニケーションズのサービスを利用している。GPUは、米NVIDIAの「Tesla P100」を1024個使っており、理論上のピーク性能は合計で4.7PFLOPSになる。

関連キーワード

スーパーコンピュータ

関連記事

PFNのスパコンがTOP500で国内1位に登録、約1.39ペタFLOPSを記録 Preferred Networksは2017年11月14日、PFNが構築したスーパーコンピュータシステム「MN-1」が、2017年11月のスーパーコンピュータ性能ランキング「TOP500リスト」において、産業領域のスーパーコンピュータにおける世界12位、国内1位として登録されたと発表した。すべてのスーパーコンピュータを含むランキングでは世界91位、国内13位となる。

PAGE TOP