開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

キヤノンITS、Webアプリケーション自動生成ツールの最新版でAWS Elastic Beanstalkに正式対応

2017年11月15日(水)IT Leaders編集部

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は2017年11月14日、Webアプリケーション自動生成ソフトの新版「Web Performer V2.1.1」を発表、同日販売を開始した。新版では、Amazon Web Services(AWS)のクラウドサービス「AWS Elastic Beanstalk」に正式に対応した。

 Web Performerは、ノンプログラミングでJavaによるオープンな開発が可能な高速開発ソフトである。GUIエディタなど可視化された開発画面を活用しながら、Webアプリケーションの利用者と開発者が一体となった共創型のアジャイル開発を実現する。多言語にも対応しているため、グローバルで利用できるシステムの開発も可能である。

 今回正式に対応したAWS Elastic Beanstalkは、Webアプリケーションやサービスを自動的にデプロイ、管理、スケーリングできるサービスである。管理画面からWebアプリケーションをデプロイした後は、Webアプリケーションの負荷分散、自動拡張、状態監視など、開発後の作業を自動処理する。

 Web PerformerとAWS Elastic Beanstalkを組み合わせることで、グローバル展開に素早く対応したり、Webアプリケーションを高速開発したり、サーバー構築やインフラ管理・設定に時間をかけずに高速にリリースしたりできるようになる。AWSを既に活用している企業の開発スピードを向上させるほか、内製による社内業務システムのAWS適用や、AWSを活用したSoE領域でのシステム開発が進む。

 価格(税別)は、ユーザーライセンス(自社システム開発で利用可能なライセンス)が、360万円から。SI開発ライセンス(SIベンダー向けライセンス)は、150万円から。販売目標は、導入支援・システム開発を含み2020年までに50億円。

関連記事

キヤノンITS、Webアプリケーション自動生成ツールの最新版でAWS Elastic Beanstalkに正式対応キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は2017年11月14日、Webアプリケーション自動生成ソフトの新版「Web Performer V2.1.1」を発表、同日販売を開始した。新版では、Amazon Web Services(AWS)のクラウドサービス「AWS Elastic Beanstalk」に正式に対応した。

PAGE TOP