[新製品・サービス]

NEC、LoRaWANデバイスを管理するネットワークサーバーを提供開始

2017年11月15日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2017年11月15日、低消費電力で広域通信を実現する新無線通信技術「LPWA」の1つであるLoRaWANに準拠したネットワークサーバーを製品化したと発表した。LoRaWANデバイスを簡単に管理・制御できる製品であるとしている。2017年12月から通信事業者向けに提供を開始する。

図1●LoRaWANデバイスを管理するネットワークサーバーの概要(出所:NEC)図1●LoRaWANデバイスを管理するネットワークサーバーの概要(出所:NEC)
拡大画像表示

 LoRaWANのネットワークサーバーは、LoRaWANに準拠したセンサーデバイスを簡単に管理・制御できるようにする管理サーバーである。LoRaWANゲートウェイを介してLoRaWANセンサーデバイスと接続し、ID管理、データレート制御、チャネル割当てなどを実施する。

 LoRaWANを活用したアプリケーションと連携するためのWeb APIを提供する。センサーデバイスから収集したデータをアプリケーションから簡単に利用できるようになる。さらに、マルチテナント対応やマルチデバイス管理機能を提供する。複数の事業者が同一のデバイスを共有する使い方や、複数の事業者がそれぞれ保有するデバイスを制御する使い方ができる。

 今回開発したネットワークサーバーは、大井電気など複数のLoRaWANゲートウェイとの接続検証を完了している。これらと組み合わせて通信事業者に提供していく。販売目標は、今後3年間でグローバルに30社。

関連キーワード

LPWA / LoRaWAN

関連記事

NEC、LoRaWANデバイスを管理するネットワークサーバーを提供開始 NECは2017年11月15日、低消費電力で広域通信を実現する新無線通信技術「LPWA」の1つであるLoRaWANに準拠したネットワークサーバーを製品化したと発表した。LoRaWANデバイスを簡単に管理・制御できる製品であるとしている。2017年12月から通信事業者向けに提供を開始する。

PAGE TOP