[新製品・サービス]

NSW、クラウド型のIoTサービス開発基盤にデータ転送ミドル「HULFT IoT」を連携

2017年11月17日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本システムウエア(NSW)は2017年11月17日、IoTサービスを開発・構築するためのクラウドサービス「Toami」と、セゾン情報システムズのIoT向け連携ミドルウェア「HULFT IoT」を連携させたサービス「Toami File Agent Powered By HULFT IoT」を発表した。2017年12月1日から提供する。

図1●Toami File Agent Powered By HULFT IoTの概要(出所:日本システムウエア)図1●Toami File Agent Powered By HULFT IoTの概要(出所:日本システムウエア)
拡大画像表示

 Toamiは、IoTサービスを開発・構築するための基盤を、クラウドサービスとして提供するものである。デバイス管理、データ管理、外部連携機能などを網羅したノンプログラミング型の開発基盤を提供する。これにより、IoT機器から収集したデータの可視化、IoT機器の制御、データ分析といったことができる。

 HULFT IoTは、IoT機器のデータを収集するためのファイル転送ソフトである。企業情報システム向けの既存のHULFTプロトコルをそのまま流用しているため、現状のIoT通信で使われているHTTPSやMQTTといった転送プロトコルよりも安全かつ確実にデータを転送できる。

 今回、ToamiとHULFT IoTを連携させた。これまで以上に安全で多様なデータ連携が可能なIoTシステムを構築できるようになったとしている。

 背景には、Toamiのユーザー企業が抱える課題がある。IoT機器から収集したデータをサーバーに送る際の、データ転送の確実性やセキュリティの考慮、エッジコンピューティングへの対応といった、現在のIoTシステムに対する課題を聞くことが多くなったという。

関連記事

NSW、クラウド型のIoTサービス開発基盤にデータ転送ミドル「HULFT IoT」を連携日本システムウエア(NSW)は2017年11月17日、IoTサービスを開発・構築するためのクラウドサービス「Toami」と、セゾン情報システムズのIoT向け連携ミドルウェア「HULFT IoT」を連携させたサービス「Toami File Agent Powered By HULFT IoT」を発表した。2017年12月1日から提供する。

PAGE TOP