開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

キーボード単体でWi-Fi経由でAmazon S3にデータを格納、ラトックシステムが販売

2017年11月20日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ラトックシステムは2017年11月20日、キー入力したデータを直接クラウドに書き込めるWi-Fi接続のキーボード「RS-KBWF1」を開発したと発表した。勤怠管理の打刻など、様々なアプリケーションに組み込んで利用できる。11月下旬から提供する。価格(税別)は、1台あたり5万円。実利用時には、別途クラウドストレージ利用料などが必要になる。

写真1●RS-KBWF1の外観写真1●RS-KBWF1の外観
拡大画像表示

 4つのファンクションキーと数字キーなどで構成する小型キーボードである。最大の特徴は、キーボード単体で、無線LAN接続を介してクラウドストレージにデータを格納できることである。格納したデータは、勤怠管理アプリケーションなどの外部システムから利用する。

 本体サイズは電卓程度で、狭い店舗でも設置しやすいコンパクト設計とした。汚れやすい場所でもメンテナンスしやすいように、防滴仕様とし、表面に凹凸がないフラット仕様とした。動作のための電源は、パソコンなどとのUSBケーブル接続を介して取り込む。300mA程度の電流が必要になる。

 クラウドストレージとして、AWS(Amazon Web Services)のAmazon S3を利用する。キーボードのソフトウェア(ファームウェア)が、入力したデータをAmazon S3にポストして保存する。キーボードに添付するユーティリティソフトを用いることによって、AWSのアカウントIDなど接続先の情報を書き換えることができる。

 格納するデータフォーマットは、「タイムスタンプ」+「ファンクションキー」+「数値」となる。4つのファンクションキーを選び、数値を入力し、Enterキーを押すと、キーボードは、タイムスタンプ情報付きでデータをポストする。

関連記事

キーボード単体でWi-Fi経由でAmazon S3にデータを格納、ラトックシステムが販売ラトックシステムは2017年11月20日、キー入力したデータを直接クラウドに書き込めるWi-Fi接続のキーボード「RS-KBWF1」を開発したと発表した。勤怠管理の打刻など、様々なアプリケーションに組み込んで利用できる。11月下旬から提供する。価格(税別)は、1台あたり5万円。実利用時には、別途クラウドストレージ利用料などが必要になる。

PAGE TOP