[新製品・サービス]

Pepperの業務利用を100のテンプレートで支援、ソフトバンクロボティクスがクラウド提供

2017年11月21日(火)IT Leaders編集部

ソフトバンクロボティクスは2017年11月20日、幅広い業種で「Pepper」の業務利用を簡単にする「お仕事かんたん生成2.0」を発表した。「Pepper for Biz」向けに、2017年11月30日から無料で提供する。約100個のテンプレートを用意しているため、独自にアプリケーションを開発することなく業務で利用できる。

 独自にアプリケーションを開発することなく簡単にPepperを業務で活用できるようにするクラウドサービスである。ソフトバンクロボティクスがこれまで蓄積してきたPepperの業務活用のノウハウを基に、小売、金融、イベント・展示会など10種類の業種・業態・利用シーンを想定した100種類のテンプレートを用意した。

 具体的には、「小売」、「飲食」、「サービス」、「自動車」、「金融」、「ホテル・観光」、「オフィス」、「イベント・展示会」、「介護」、「病院・薬局」の10種類のカテゴリに分かれている。個々のテンプレートの例として、「商品紹介」、「会員登録」、「クーポン配布」、「レクリエーション」、「受付」、「館内案内」、などがある。

 機能面では、接客の精度を高めるための分析機能も提供する。Pepperの接客業務を数値化して、データを集積、分析、可視化できる。A/Bテストも実施できる。あらかじめPepperに複数の台詞を設定しておき、これらを使い分けることで、よりよい顧客体験が得られる台詞を判定できる。

 クラウド基盤として、Microsoft Azureを使う。データの可視化ソフトには、BI(ビジネスインテリジェンス)ソフト「Power BI」を採用した。

関連記事

Pepperの業務利用を100のテンプレートで支援、ソフトバンクロボティクスがクラウド提供ソフトバンクロボティクスは2017年11月20日、幅広い業種で「Pepper」の業務利用を簡単にする「お仕事かんたん生成2.0」を発表した。「Pepper for Biz」向けに、2017年11月30日から無料で提供する。約100個のテンプレートを用意しているため、独自にアプリケーションを開発することなく業務で利用できる。

PAGE TOP